You are here:-要領がいい営業マンの話

昨夜は、いきなりの誘いを受け、
元サッカー部で一緒だった同級生2人と飲みました。
今でもサッカー仲間なのでサッカーではよく会うのですが、
話をあまりしてなかったので出掛けた訳です。
同級生の一人は車業界で20年働いて、現在独立を考えている人で、
もう一人は仕事も遊びもスポーツも要領よくこなす営業マンです。
最近、私は人と会う時には
いろいろ学ばせてもらおうと思って会っています。
もちろん、私が持ってる情報の話もしますが、
会うときは聞き役になることが多いです。
ちなみに、ロイスクルーガーは
7対3で聞き役が多いと言ってました。
コミュニーケションを良くするためにも聞き役になることは大切ですが、
学びとしても聞き役の方が色々学べるのでオススメです。
そしてやはり昨夜も、いくつかの学びや気付きがありました。
その中の一つを紹介します。
要領がいい営業マンの彼は、営業所が宮崎にないので、
自宅から直行直帰の営業をやってます。
そのせいか、昼間もたまに遊んでいるようで、
『もっとまじめに仕事すれば?』
と言いたくなるような感じの話をしてました。
でも彼は、結構成績が良いのです。
私は、彼がスポーツやゲームなどで、かなり器用なことを知っているので、
「要領がいいんだな」と分かり、色々と聞いてみました。
すると、やはり彼は、遊びながらも
営業先で話すネタを勉強していることが分かりました。
また、もう一つ凄いなと思ったのが、営業先で断られた場合の話です。
断られた場合、普通の人であれば、
そそくさと帰ってしまう人が多いと思います。
しかし、彼は違いました。
断られた後、すぐに別の話題に話を変えるそうです。
そして、お茶を飲みながら話すこと30分、
彼は、相手に自分の存在を覚えてもらい、自分を強く印象付けて帰るのです。
その後、かなりの確率で、営業所に
『私は買わないけど、お客さんを紹介したい』
と彼宛に電話が来るそうです。
そういった地道な努力をして、
新規顧客を開拓しているそうです。
このように要領が良い彼ですが、
今以上の時間を営業に費やしたり、別のビジネスもやったりなど、
効率を求めれば、まだまだ稼げるな~と思いました(笑)
「要領」と「効率」がともに良くなれば最強のビジネスマンになれるな、
そんなことを感じた夜でした。

 

By | 2010-12-11T21:46:53+00:00 2010年 12月 11日|Categories: メルマガから|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
カレッタ汐留の美しいイルミネーション(動画あり)を観てきました!手が凍りそう…
仮想通貨取引所「BINANCE」が仮想通貨の取引高世界一に!BINANCEの特長と口座開設の方法を解説します!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/12/11 – 2017/12/17】
ビットコインが本当にタダでもらえるキャンペーン情報
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS

人気の記事