You are here:--ピタゴラス主義

数こそ万物の根源である〜新興宗教ピタゴラス教団の教祖「ピタゴラス」

数こそ万物の根源である〜新興宗教ピタゴラス教団の教祖「ピタゴラス」 数を用いることで、宇宙構造そのものを説明することができる 自然現象に対する合理的な探求を試みはじめたギリシアのミレトス学派。万物の根源(アルケー)は「物質の大もと」という考えであった。 アルケーを、タレスは「水」・アナクシメネスは「空気」・デモクリトスは「原子」と考えた。 [...]