You are here:--問答法

自ら命を絶ってまで真理を追求した哲学者〜無知の知「ソクラテス」

自ら命を絶ってまで真理を追求した哲学者〜無知の知「ソクラテス」 相対主義を支持することは、絶対的な真理を求める気持ちを失ってしまう プロタゴラスに代表される相対主義は、「人や国家はそれぞれであり、正しいというものは人や場所や時代によって変わる。絶対的な真理というものはない」というものである。 [...]