You are here:-iPad miniは買わない予定でしたが、、【ひとりネット起業成功法100】

iPad miniは買わない予定でしたが、、

「iPad mini」が昨年発表された時、
私は「どこでどうやって使えばいいのかが思い浮かびません」
と書いて、買いませんでした。

しかし先日、
数日間考えたのちにiPad miniを買いました。

買った目的はなにかというと、
自炊した電子書籍を読むためです。

 

 
実はこれまでにも私は、電子書籍を読むために
初代iPad、SONY Reader PRS-T2、Kindle Paperwhiteを
買ってきました。

初代iPadは重いし、目が疲れました。

また、PRS-T2やKindleの場合は特に、自炊のデータは読み込みが遅く、
なかなかページがめくれなかったり固まったりしました。

購入した電子書籍ならマシでしたが、
まだ全然品揃えが良くない日本の電子書籍の場合は
自炊に頼らざるを得ません。

 
 
というわけで、いろんな端末を買ったものの、
自炊した電子書籍を読む機会がほとんどなくなってました。

ただ、PRS-T2やKindleで、
購入した電子書籍を読むとやっぱりいいのです。

7インチサイズや端末の軽さは最高でした。
 
 
という流れもあり、以前は見送っていたiPad miniの
購入計画を考え始めたわけです。

そしてネットで調べてみると、電子書籍リーダーとしても
絶賛されている記事をたくさん見つけました。
 
 
ただ、ネックは目の疲れです。

それがあったので、目に優しいEインクを採用している
PRS-T2やKindleを買ったのですが、
前述したとおり、自炊の電子書籍は使えませんでした。
 
 
でも今回、iPad miniはクリアすることができました。

それは、JINSで買ったPCレンズのおかげです。
目の疲れは、ずいぶん軽減されてます。

 
 
そして、問題の自炊の電子書籍ですが、
iPad miniで読んでみたらこれは凄い感動ものです。

サクサクとページがめくれます。
初代iPadとえらい違いです。

なので、フォトリーディングも余裕でできます。
 
 
しかも、iPadよりも手に馴染むサイズや軽さなので、
自然と本が読みたくなります。

となると、どんどん自炊して
iPad miniに投げ込んでおきたくなる衝動に駆られます。。。

普通の読書は習慣になるのに、電子書籍が習慣にならなかったのは、
iPadが重かったり、電子書籍リーダーの動きが遅かったりしたから
ということがiPad miniの購入でハッキリ分かりました。

 
 
この経験から、PC、タブレット、モバイル端末を選ぶ際には、
・性能はいいに越したことはない(最新型)
・軽い
というのはとても大事な要素だということを学びました。

あと、サイズも重要ですね。

電子書籍リーダーとして考えれば、
大きすぎず小さすぎずで、
7インチから9インチぐらいがベストだと思います。

 
 
PC、タブレット、モバイル端末は、
情報時代で成功するためには大事なツールです。

先行投資ですね。

機種選びは、時間が経つほどその効果は大きく現れるでしょう。

 

この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所「コインチェック」で3万Satoshi(ビットコイン)がもらえるキャンペーン!初心者向けの登録・口座開設方法と二段階認証の登録方法の解説をします!
混沌とした世の中の今だからこそ読みたい1冊『7つの習慣』
自由が丘のカフェでアイデアを書き出す…
毎月新しい行動をしよう!変化しまくった塾生さん
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/12/04 – 2017/12/10】

人気の記事