You are here:-【iOS9.3】人体に悪影響の「ブルーライト」を軽減する機能「Night Shift」がiPhoneとiPadに追加されます!パブリックベータが配布されてます。

【iOS9.3】人体に悪影響の「ブルーライト」を軽減する機能「Night Shift」がiPhoneとiPadに追加されます!パブリックベータが配布されてます。

AppleがiOS9.3のパブリックベータ版を配布開始しました。

iOS9では、過去最大級のアップデートになるようです。

英語版ですが、iOS9.3の新機能を紹介するページが公開されてます!

アップデートの機能で一番注目されているのが、
ブルーライトを軽減するという「Night Shift」モードです。

wegqb

日が沈む時間にあわせて自動でディスプレイのブルーライトを減らしてくれます。
ディスプレイの色温度をさげ赤みを強い方向にもっていく原理です。

ちなみにMacでは、すでにブルーライトを軽減する無料アプリ「f.lux」があります。
MacBookProとMacをつなげてのデュアルディスプレイにも対応していて重宝してます。

マイクロプレナー 関達也
PCメガネが不要になるのでインストールされることをおすすめします!

この「f.lux」ですが、iOSアプリ用も公開されていたようですが
Appleから指摘で公開停止になっていたそうです。

iOS9.3その他の機能としては、「メモ」アプリがロックできるようになったり
3D Touchがパワーアップしてクイックアクション機能に対応する純正アプリが
新たに追加されたり、Healthアプリの機能が追加されたりという感じです。

やはり目玉は、ブルーライトを軽減する「Night Shift」モード

マイクロプレナー 関達也
やはり、「Night Shift」モードが楽しみですね。

で、ブルーライトについてですが、僕はJINSからPCメガネが発売開始になって
わりと早い段階で購入してからずっと愛用してます。

嫁や子供たちも持ってます。

人体に悪影響とされるブルーライトですが、
どのくらいの量を浴びると病気になるのかは世界的にもわかってません。

だから、ブルーライトのリスクにどう対応するかの方針も決まってない状態です。

ただ、身体になにかしらの影響があることはわかってます。

なにかあってからでは手遅れですから、
身体に悪そうなものは事前に対策すべきです。

ブルーライトとは?ブルーライトの人体に及ぼす悪影響とは?

ブルーライトについては下にまとめますので、気になる方はお読みください。

まずブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことです。

ご存知の通り、パソコンのディスプレイやスマートフォンには
ブルーライトが多く含まれています。

ブルーライトは、人の目で見ることができる可視光線の中でも
もっとも波長が短くて強いエネルギーを持っています。

角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達するのです。
だから、網膜のダメージはもちろん、目の疲れや痛みが出てきます。

あとは、ブルーライトを夜に長い時間目に入ると、
体内時計を調節するホルモンのメラトニンの分泌が少なくなり
体内時計が狂い生活リズムが崩れます。

それにより、睡眠障害であったり、肝臓や腸、腎臓、心臓の機能への影響、
肥満や癌への影響などがあると示唆されています。

早く「Night Shift」を試したい人は、パブリックベータ版をお試しください。
念の為に事前にバックアップすることもお忘れなく。

アプリでブルーライト対策できない方は、PCメガネを強くおすすめします。
Amazonでは1,580円とコスパ非常に高いです。

〜すべては、自分を変えることから始まる。〜

 

この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】

人気の記事