You are here:-法が未整備の業界

今日は産經新聞の
【被害者は誰なのか──オンラインゲーム内アイテムの「窃盗」? 法は未整備】
の記事を読んで法律が全然追いついてないと感じました。
今回、オンラインゲームに不正アクセスしたとして2人が、
不正アクセス禁止法違反容疑で神奈川県警に逮捕されました。
彼らは、ウイルスが含まれている「BOT」を無料配布して、
IDとパスワードを盗み、ゲームに入り込みました。
そして、他人のキャラクターが所持するアイテムを奪って、
現実の通貨で売り払っていたのです。
神奈川県警は、ゲームの秩序が乱され、運営会社の業務に支障が生じたことで、
偽計業務妨害容疑の立件の捜査を進めています。
ちなみに、プレーヤーからすれば、アイテムが盗まれたように見えますが、
実態は「ゲーム会社のサーバー内でアイテムのデータが不正に移動された」
ということになるので、実際は何も盗まれてないことになるようです。
また、アイテムを勝手に転売されても、
そのプレーヤーを守ってくれるネット向けの法律は存在しないのが実情です。
アイテムを盗まれたプレーヤーは大変そうです。
オンラインゲーム市場は急激に伸びているので、法的整備が急がれますね。

 

By | 2010-12-14T21:17:32+00:00 2010年 12月 14日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
カレッタ汐留の美しいイルミネーション(動画あり)を観てきました!手が凍りそう…
仮想通貨取引所「BINANCE」が仮想通貨の取引高世界一に!BINANCEの特長と口座開設の方法を解説します!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/12/11 – 2017/12/17】
ビットコインが本当にタダでもらえるキャンペーン情報
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS

人気の記事