世界最大の検索マーケティングカンファレンスの1つであるSearch Engine Strategies(SES)がシカゴで行われているそうです。
その中で、Googleに対して
「彼らは我々の著作権を盗んでいる」

「Googleは寄生虫、もしくは吸血鬼だ」
などの過激な発言が出たようです。
「Googleは寄生虫?」 過渡期を迎えたメディアビジネスの未来
まず、紹介されたのはGoogleに対してRupert Murdoch 氏が行った発言の数々だ。

「彼らは我々の著作権を盗んでいる」
「Googleは寄生虫、もしくは吸血鬼だ」
などの過激な言葉が並び、まるでゴジラのようにとらえている(ちなみにMurdoch氏は先日スカイニュースのインタビューに答えて、系列のニュースサイトのコンテンツをGoogleからアクセスできなくするとも発言している)。
それに対してのGoogleの言い分は「我々はニュース検索を通じて10億クリック、ほかのサービスを通じて30億クリックをニュースサイトに対して無料で供給しており、素晴らしいプロモーションソースであると思う」というEric Schmidt氏の発言を紹介してる。
興味深い話ですが、確かに無料で提供しているGoogleはすごいの一言です。
これからは、先日も記事に書いた「リアルタイム検索」が注目されていくだろうとのこと。
検索エンジンも進化していますし、人々が求めるものも進化していきます。
この情報社会をいかに効果的に利用するかで、私たちの生活も変わるでしょう。

↓関からのお知らせ〜

★月3〜5万円の収入を増やしたい方必見!
7日間限定!すぐに受け取ってください!

★関達也の無料メールマガジン
13年以上読まれ続けている
人生を変える最新情報やノウハウが無料で読める!

★関達也の個人コンサルティング
あなたの問題や悩みを瞬時に解決!
宮崎・東京・スカイプ、特別価格で募集中!

★関の集大成「せき塾」の教材
稼ぐ力が付いた人が続出!




  


コメントを書く

メールアドレスは公開されません。

By |2009-12-11T16:21:31+00:002009年 12月 11日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
起業(副業、複業)コンサルタント/S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 1970年7月生まれ。宮崎出身。千葉大学卒。妻、長女、長男、次女の5人家族。ブログ・メルマガ歴13年。自由な成功者を目指し起業するが、3度のどん底を経験。ひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がる。現在、宮崎と東京(田舎と都会)のデュアルライフをしながら、セミナーや塾、オンラインサロンを主催。直接3,000名以上に新しい働き方や生き方を提供している。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

思わず見とれるイルミネーションたち@六本木

あなたのやりたいことを実現する方法

深夜の散歩は気持ちいい〜@東京タワー

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/11/05 – 2018/11/11】

【無料プレゼント!】月3〜5万円の収入を増やしたい方必見!(7日間限定)

2018年12月6日(木)サンクチュアリ出版でイベントします!


人気の記事ランキング