You are here:-ソニーが動画共有サイトの「eyeVio」を譲渡

ソニーの動画共有サイト「eyeVio」を、動画編集サイトを運営するスプラシアに5月末に譲渡するらしいですね。
ソニー、動画共有サイト「eyeVio」を譲渡 「限界見えた」
「広告モデルでの運営は収益面で厳しく、サイトに“ソニー色”が出て中立性が保てないなど限界が見えてきた」と書いてありますが、ニコニコ動画もまだ赤字だったと思いますが、動画共有サイトの運営はまだまだ大変な感じです。
「eyeVio」は使ったことがありませんが、「BRAVIA」や「PSP」などと連携できたんですね。
こういったサイトは、確かにソニー色を打ち出すと難しい感じがします。
YOUTUBEとの差別化という点では、やはりソニー色を打ち出すということになったんでしょう。
しかし、ソニー色が受け入れられないことや、動画共有サイトとしてのYOUTUBEのシェアが大きいということだったでしょうか。
ソニーは音楽では、ソニーがやりたいようなことをiTuneにやられてしまいました。
せっかくウォークマンで世界に名が知れた企業だっただけに残念です。
後手だったんでしょう。
日本の企業として、そしてソニー製品を愛用する者として、ソニーを応援したいのですが、出すサービスはなんかシックリこないです。
頑張れ、ソニー!

 

By | 2009-04-17T00:32:46+00:00 2009年 4月 17日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
浜離宮恩賜庭園に初めて行ってきました!
六本木ヒルズ けやき坂のイルミネーションが始まってました!2017冬
SHOWROOMを創った前田裕二さんの講演会に行ってきました!
AppleWatchが都内ランニングのモチベーションになりました!東京タワーとクリスマスツリー!(動画あり)
成功のプロセスを楽しもう!!ライフチェンジラボ東京定例会を開催しました!

人気の記事