成功には、「忍耐力」が必要と言います。
耐え忍ぶ力ですね。

私も同感です。

ただ、「忍耐力」には、つらさや苦しさを耐え忍ぶと思われがちです。

でも、成功するための忍耐とは、つらさや苦しさを耐えることではないと思っています。

成功したあとでは、あの時はつらかった、苦しかったと言えます。

しかし、実際の場では、つらいや苦しいというよりは、
ワクワクしていたり、必死だったりして、
つらいとか苦しいとか感じる余裕はないと思います。

目標を達成するプロセスでは、いろいろな事が起こります。

それらに立ち向かい、目標達成まであきらめずに突き進むわけですが、
その時に必要な力が忍耐力だと思っています。

では、忍耐とよく似た言葉で、我慢は成功する際に必要でしょうか?

忍耐と同じく、我慢も必要と思っている人は多いと思います。

しかし、我慢はできなくてもいいです。

というよりも、我慢ばっかりしていたら、人生をより良いものに変えていくことができなくなります。

我慢できない人とは、自分のわがままを押し通す人と思われがちです。

もちろん、他人への迷惑も考えずに行動することは大人としてはやってはいけないことです。

しかし、自分の欲望を耐え忍ぶことをして、
『我慢が一番!』なんて言っていては、
自分の願望を実現することはできません。

『どうすれば、我慢をしないで生きられるのか?』
と考えることで、自分の願望を実現するアイデアが生まれるのです。

我慢ができないから、一生懸命それを考えるのです。

我慢ができないパワーは凄いものです。

誰にも止めることはできないでしょう。

忍耐力はあるが、我慢ができない人は成功します!

★関から「人生を変える最新情報やノウハウ」をもらおう!
↓から無料メルマガに登録!
12年以上読まれ続けている関達也の無料メルマガ

個で稼ぐ力をつけよう!
『年収1000万円 ひとりビジネスの教科書』




  


コメントを書く

By |2009-03-16T12:08:07+00:002009年 3月 16日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

ライフチェンジラボの宮崎定例会&懇親会、盛り上がりました!

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/07/16 – 2018/07/22】

お急ぎください〜ビッグセール本日まで!『年収1000万円 ひとりビジネスの教科書』

ライフチェンジ・コンサルティングを始めます!

体力アップしてますか?年齢のせいにしては駄目ですよ

【無料で先着5名ご招待!】ライフチェンジラボ宮崎定例会イベント(7月20日)に参加してみません…


人気の記事ランキング