You are here:-ローグワン(スターウォーズ)を長女と二人で観てきました。スターウォーズファンなら絶対に外せない映画
  • View Larger Image

ローグワン(スターウォーズ)を長女と二人で観てきました。スターウォーズファンなら絶対に外せない映画

〜希望は生きるチカラになる〜
 
スターウォーズ エピソード3と4の間の
ストーリーが「ローグワン」です。
 
あくまでもスピンオフ映画なのですが、
・デス・スターの設計図が
 なぜ反乱軍の手に渡ったか?
・デス・スターの弱点が
 なぜあんなにしょぼいのか?
などの謎が解明する内容です。
 
しかもエピソード4の10分前までが
描かれているということもあり、
スターウォーズファンなら
これは見逃してはならない映画です。
 
 
僕は小1の頃、リアルに
エピソード4(新たなる希望)を観て、
壮大な世界観に引き込まれてからというもの
ずっとファンです。
 
昨年末、レイア姫役の
キャリー・フィッシャーが亡くなりましたが、
今も信じられないくらい悲しいことです。
 
 
一昨年公開のエピソード7は
初めて家族5人で観ました。
 
世代を超えて愛される映画だと感じました。
 
今回のローグワンは、
家族の中で一番のSWファンの
長女だけが観たいということで
二人で観ました。
 
 
ただ、ローグワンは
期待はしながらも、
キャラクターが
知らない人ばかりです。
 
どのくらい楽しめるかな〜?
と正直思ってました。
 
 
しかし、いい意味で
期待を物凄く裏切られました。
 
内容は控えますが、
想像を遥かに大きく超えるストーリーでした。
泣けます。
 
ローグワンを観ることで
エピソード4がまったく違うものに見えます。
 
スターウォーズがより壮大で
愛のある映画として
引き立たせる存在が、
「ローグワン」と言っても
過言ではないです。
 
 
スターウォーズを
あまり知らない人でも、
ストーリーや
キャラクターの人間性の描写、
戦闘の迫力などで
かなり楽しめるはずです。
 
 
ローグワンの
「希望は死なない」  
というキャッチから、
エピソード4の「新たなる希望」
というキャッチに繋がる
まさに希望のバトンでした。
 
「よし、今を頑張って生きよう!」
と思えた感動の大作でした。
 
 
いい映画を観ると、
感動の余韻が残っていいですね。
 
観終わったあと、
長女とローグワンについて
語り合えたことも良かった!
 

 
〜終わりなき探求の旅は続く~
 

 

By | 2018-01-07T19:31:20+00:00 2017年 1月 15日|Categories: 健康&趣味, 宮崎|Tags: , |0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
子どもたちと凧揚げしました!
子供を悲観主義やうつ病から守る方法〜『オプティミストはなぜ成功するか』から知る衝撃の事実
多くを求めず、少なく求めよ。宮崎MIB&LCMSを開催しました! 
悲観主義より楽観主義に生きよう!ポジティブ心理学の権威 セリグマンの「楽観度テスト」を受けてみた!
次女の小学校の参観日に行ってきました!

人気の記事