| 

残された人生の時間を計算してみよう!

こんにちは!関達也@宮崎⇔東京デュアルライフ()です!
 
慌ただしい毎日を生きてると、
「生きる」ということをあまり考えることがない
という人が多いのではないでしょう?
 
「気付いたら、もう◯◯歳になってた、、」
という人も多いと思います。
 
それも、生きる意味を見つけきれないままに、、
 
 
生きる意味を明確に見つけられないとしても、
それを必死で探しながら生きていく方が
僕はいい人生になると思ってます。
 
そうしたなかで、ミッションに気付くのです。

命とは、つまり時間です。

人生とは、言い換えれば、
命を削って生きていることです。
 
命とは、つまり時間です。
 
 
では、僕らが生きる時間は
どのぐらいあるんでしょうか?

 
この機会にぜひ計算されてみてください。

40歳を例にして残り時間を計算してみます

40歳を例にして残り時間を計算してみましょう。

寿命80年として計算します。
 
24時間×365日×80年で
生きている時間は「70万800時間」です。

 
 
ここからは、
個々で計算していただきたいのですが、
まず残りの時間です。

 
40歳の場合、24時間×365日×40年で
残り「350,400時間」です。
 
 
次に、睡眠時間です。
 
1日7時間とすると、
7時間×365日×40年で「102,200時間」です。
 
残り時間から睡眠時間を差し引くと、
残り「248,200時間」です。
 
 
では最後に
仕事の時間を引きましょう。

会社に拘束されている時間とも言えますね。
 
 
65歳まで勤めたとします。
 
家を出る時間が7時で
帰宅時間が18時として11時間とします。

11時間×365日×25年で
「100,375時間」です。
 
残り時間から睡眠時間を引いて、
この仕事の時間を引くと
残り「147,825時間」です。

残り時間を計算するメリットとは?

「147,825時間」が、
一般の40歳の大多数の人が自由に使える時間というわけです。

 
多いと感じるか少ないと感じるかは
人それぞれですが、
数字で表すと「ほー」と
感じるのではないでしょうか。
 
ちなみに、残りの人生の時間を
計算するアプリもありますので
それを使ってみるといいと思います。
 
 
こうやって残り時間を具体的に計算すると、
新たに感じられることがあると思います。

 
 
しかし、残り時間は正確ではありません。
 
寿命はわかりませんし、
たとえ残り時間がいくつであっても、
僕らが生きているのは「今」だからです。
 
 
でも、残り時間を出すメリットはあります。
 
今この瞬間も
残りの時間を指す針が進んでいて、
人生には限りがあることを把握することで
より今を大切に感じて生きることができるからです。

 
「今が最高の人生だ、最高に幸せだ」
と感じて生きれば、
自分にも周りの人にも
プラスになる最高の人生になります!

 
〜すべては、自分を変えることから始まる。〜

【禁断のノウハウ】一挙公開!!
年収1000万円 ひとりビジネス成功法




  


コメントを書く

この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

【宮崎の個別相談会】6月25〜27日限定特別価格で開催します!

次女とドローンでアクロバット飛行して遊んできました!@DJI Tello トイドローン(動画あり)

宮崎シェアスペース、オープン準備中!

20代や学生限定「LCL特別割引コース設置」!6月20日19時より募集開始しました!

まだ電気も椅子も何もない。宮崎LCLミーティングやりました!

宮崎シェアスペース、始動準備開始です!トリプルライフだ〜!(動画あり)


人気の記事ランキング