| 

人を好き嫌いで判断しない方が幸せになれます

こんにちは!関達也()です!

人の会話を聞いていると、
『あの人は好き!』
『この人は嫌い!』

などという会話をよく耳にすると思います。

多くの人には、人の好き嫌いがあります。

好きな人からは、
考え方や発言、行動、ファッションなど
いろいろな良い影響を受けると思います。

好きな人からは、
意識するしないに関係なく
たくさん学ぼうとしているのです。

 
 
逆に、嫌いな人からは
何も学ぼうとしていない人が
多いように見受けられます。

無視するか、あるいは、
些細なことから嫌いがエスカレートして
恨みや妬みなどの嫉妬になることもあります。
  
嫉妬心は、幸せな人生を送るためには
排除した方がいいに決まっています。
 
 
人間には誰でも、
良いところもあれば悪いところもあります。

100%悪の心で満ちている人間なんていないでしょう。
100%善の心というのも同様です。
 
 
また、考え方や行動、性格、価値観なども様々です。

どんな人でも、
いいところは必ずありますし、
学ぶべきところはあるはずです。

 
 
もし、自分が相手に
なにか嫌なことをされた場合など、
その人のいいところが見当たらなくても、
それを反面教師として学べばいいのです。

『自分はそうならないように心掛けよう』や、
『いい勉強をさせてもらった、ありがとう』と。
 
 
私は、自分自身が
人間として未熟と思っているせいか、
常に謙虚に学ぶようにしよう
心がけています。

人より劣っているとか
勝っているとかどうでもいいです。

人の比較は出来ないからです。

なので、好きとか嫌いとかもどうでもいいのです。

そういう方が精神的にも楽ですし、
幸せに暮らせます。
 
 
そして、これは仕事にも活きていると思います。

例えば、
人の好き嫌いに左右されずに仕事をしていれば
いろんな情報を得ることが出来ます。

そこからアイデアが生まれることもあります。
 
 
情報をフィルタリングしているのは自分です。

そのフィルタリングを、
人の好き嫌いで判断してしまっては
非常にもったいないことなのです。

どこからチャンスが生まれるか
分からないこの時代には、
間口は大きく広げていくことが必要ですね。
 
もし、嫌いと思っていた人から
飛んでもなくいい情報がくれば、
その人のことを
きっと大好きになるのではないでしょうか?
 
 
好きと嫌いは紙一重。。。

ふと、人の好き嫌いについて考えてみました。

みんなが大好き同士になれば、
世の中はもっと明るく楽しくなる気がしてます。


関連記事


  


コメントを書く

この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2018/02/19 – 2018/02/25】
モリサワのWebフォント「TypeSquare」を見出しに入れてみました!by エックスサーバー
楽しくもあり成長でもある親としての日々〜大変なことが自分を成長させる
自分と対極の人を選ぶ「ビリオネアの仕事相手の選び方」『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、…
夢を確実に叶える2つの秘訣〜人生を変える本も紹介します!

人気の記事ランキング