photo:01



ユニクロの柳井正さんと脳科学者の茂木健一郎さんの本を読んでたら
ある共通のキーワードを見つけました。
そのキーワードは「創造」です。
柳井さんは、顧客の要望に応え、顧客を創造する経営が商売の根本と言います。
顧客を創り出すという発想なんですね。
茂木さんは、社会と自分が相思相愛になるのが理想の働き方と言います。
そのために、相思相愛の状態になれる需要とは何かを考え
それを自ら創り出すことが、創造的な仕事をするために大切だと言っています。
二人が伝えている言葉は違うけども
商売にとって「創造」がいかに大事かが伝わってきます。
「創造」なしに、お客さんから言われたことをそのままやるとか、
逆に、自分のやりたいことばかりをお客さんに押しつけるという姿勢では
好きな仕事ができる起業家として成功するのは難しいです。
お客さんあっての商売です。
お客さんも自分も、両方ともハッピーになれる場所を探していくことが
創造することなんだと感じました。

  

コメントを書く

By | 2011-12-07T17:47:24+00:00 2011年 12月 7日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事
楽しくもあり成長でもある親としての日々〜大変なことが自分を成長させる
自分と対極の人を選ぶ「ビリオネアの仕事相手の選び方」『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、…
夢を確実に叶える2つの秘訣〜人生を変える本も紹介します!
プロスペクト理論から分かった「ビリオネアのリスクの選び方」『10億ドルを自力で稼いだ人は何を…
ビリオネアの行動の秘訣は「デザイン」にあった『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動…

人気の記事ランキング

関連記事