You are here:-21日間続ける方法
  • View Larger Image

21日間続ける方法

段々と寒くなってきました。
昨夜のランニングと今朝のウォーキング。


 
1日のスケジュールを変えて1週間が経ちました。

朝を1時間30分早くしたのですが
この30分に少々問題がありました。

時計をパッと見たときに、
30分のズレにまだピンとこないこないのです。

昨日はウォーキングから自宅に戻る時間を勘違いして
10分遅く帰ってきてしまいバタバタと仕事につきました^^;
 
 
1時間とか2時間ずらしたのなら、
「分」は同じなので分かりやすかったのですが、、、

「なら、1時間か2時間早くすれば?」
というところですが、一度決めたということもあるし、
習慣化されれば問題ないのでこのまま行きます。

習慣化についてですが、
21日続けると習慣になると言われています。

実際、私も3週間ほど続けることで
習慣化されたことがいくつもあったので
強く実感しています。
 
 
習慣化されると「それをやるのが普通、やらないと気持ち悪い」
となります。

ただ、21日続けることが出来ないという人もいます。

続けるには、ルーチンワーク化して日々の業務のようにするといいです。
「◯時◯◯分から◯◯をする」という具合です。

Googleに予定を入れて、通知機能を使ってもいいでしょう。

その時大事なのは、感情を無視してとにかくやることです。
 
 
例えば、私は寒いのが苦手なので
ランニングを始めた頃、寒い時期に外に出るのはつらかったのです。

なので
「うわ~寒いな~ 外出るの嫌だな~出たくないな~」
と思ってました。
 
 
しかし、ランニングはやると決めたのです。

そこで
「うわ~寒いな~ 外出るの嫌だな~出たくないな~」を

「うわ~寒いな~」
とだけ思うことにして、その後は切り捨てました。

「うわ~寒いな~」も切り捨てられればいいかもしれませんが
寒いのは事実なので(笑)
 
 
結局、どう思おうが「やる」のです。

「外出るの嫌だな~出たくないな~」と思うこと自体
全く意味がないことに気付いたのです。
 
 
仕事も同じです。

やりたい!と思った仕事でも、面倒な作業も出てきます。

これに対して、「やりたくないな~」と思ってもやるのです。

自分を立ち止まらせるような感情は切り捨て
とにかくルーチンワークとしてやるといいです。

21日経って習慣化すれば楽です。
やるのが当たり前になってます。
 
 
それでも、どうしても自分の意思に負けるときは
強制的でもそれをやらないと死ぬ(笑)ぐらいの仕組みを作ることです。

人に迷惑がかかるとかがいいと思います。

人のためには人間頑張ることができますので。
継続すると人生は変わります。

やると決めたことは、まずは21日間
工夫して継続されることをお勧めします。

〜すべては、自分を変えることから始まる。〜

 

By | 2017-10-18T14:40:07+00:00 2011年 11月 16日|Categories: 健康&趣味, 運命が変わる習慣|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
子供を悲観主義やうつ病から守る方法〜『オプティミストはなぜ成功するか』から知る衝撃の事実
多くを求めず、少なく求めよ。宮崎MIB&LCMSを開催しました! 
悲観主義より楽観主義に生きよう!ポジティブ心理学の権威 セリグマンの「楽観度テスト」を受けてみた!
次女の小学校の参観日に行ってきました!
好きなことや得意なことで長時間働く生き方は幸せか?アインシュタインの人生から学ぶ人生教訓

人気の記事