今日は午後から、先日コンサルをしたクライアントの店舗に伺いました。
依頼された案件や今後の展開について話をしました。
話をしている中でためになる話を聞くことが出来ましたので
シェアしたいと思います。
経営者や上司というのは、スタッフを教育する立場にあります。
スタッフに対して怒る必要がある場合もあるでしょう。
そんな時は、
「自分が怒っている時は怒るな。
自分が怒ってないときに怒れ。」
と自分に言い聞かせているそうです。
自分の感情が「怒り」になっている時に怒ると
感情をそのままぶつけてしまい、
取り返しの付かないケースになってしまう場合がある。
そういう時こそ冷静に対応するといい、ということを教えて頂きました。
「自分が怒っている時は怒るな。」は心に響きました。
冷静な判断や対応は、仕事の中だけではなく
日常の人間関係でも大事なことです。
経営者の話は勉強になります。

【禁断のノウハウ】一挙公開!!
年収1000万円 ひとりビジネス成功法




  


コメントを書く

By | 2011-11-13T10:58:35+00:00 2011年 11月 13日|Categories: メルマガから|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

東京に来ました!デュアルライフのメリットとデメリットについて

Manfrottoのミニ三脚(PIXI)をタブレット(iPad mini)撮影用に買いました!スマホやカメラにも…

僕がコミュニティを立ち上げた理由

東京 個別面談募集します!5/22〜25

NO IMAGE

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/05/14 – 2018/05/20】

名もない個人にも成功できるチャンスが「個の時代」です


人気の記事ランキング