| 

【夕食前ランニングに変えて気付いた3つのこと】

これまでの朝のランニングも効果的でした。

しかし、脳が一番働く朝に走って体力が消耗するよりも
どちらかと言えば夜がいいと本で読み、夜に変えた次第です。

ランニングを始めた頃は、夜も走っていた時期が少しあります。

その頃は、サッカーのために
とにかく持久力など体力をつけたいという理由でした。

脳とか睡眠とか考えてなかったのです。

夜走って改めて感じたのは3点。

1つは、夜の方が自分の世界に入れるということです。

走っている間、いろいろ考え事をしたり
ふっとアイデアが浮かんだりする人は多いです。

運動することで血流が良くなり脳が活性化するので
そういうことに向いています。

そして夜の場合は、朝や昼よりも目に入って来る情報が少ないので
もっと適していると感じました。

2点目は、夕食がいつも以上に美味しく食べれることです^^

私は一切、アルコールは家で取らないのですが
ビールを飲んだら最高でしょうね!

夕食が美味しく感じることは精神的にもいいと思います。

3点目は、睡眠の質が高まることです。

「朝がきつい」とか「一日中ボーっとしてる」、「やる気がおきない」
という場合は、睡眠時間が足りなかったり、目覚め方がよくなかったりの他、
睡眠の質が悪いことが考えられます。

夜ランニングをすることで、就寝時に気持ちがスッキリしたり、
スムーズに眠りに入ることが出来たり、ぐっすり眠ることが出来たりします。

寝る前にクールダウンも必要なので、
遅くても就寝の1時間前にはランニングを終えることがポイントです。

以上、夕食前ランニングの3つのメリットです。

続けたくなる感じでした。

今朝は雨でした。
傘をさして朝のウォーキングをしてきました。

photo:02


15分河川敷を歩くことにして時間を測ってたら
折り返し地点をかなり通りすぎて気付いたら片道で15分歩いてました^^;

危うく仕事に遅刻しそうでした(笑)

【禁断のノウハウ】一挙公開!!
年収1000万円 ひとりビジネス成功法




  


コメントを書く

By | 2017-07-23T18:01:45+00:00 2011年 11月 11日|Categories: 健康&趣味|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

東京に来ました!デュアルライフのメリットとデメリットについて

Manfrottoのミニ三脚(PIXI)をタブレット(iPad mini)撮影用に買いました!スマホやカメラにも…

僕がコミュニティを立ち上げた理由

東京 個別面談募集します!5/22〜25

NO IMAGE

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/05/14 – 2018/05/20】

名もない個人にも成功できるチャンスが「個の時代」です


人気の記事ランキング