大事なのはアクセス数ではありません。大事なのは、、、

最近、季節の移り変わりを感じてますが
風邪などひかれてないでしょうか?

年々、健康や体力の大事さを感じているのは私だけではないと思います。

私は成功を意識するようになった20代から栄養について勉強しました。

ちなみに私が毎日欠かさず摂っているサプリメント等は
いろいろあるのですが、その中にプロテインがあります。

プロテインというと「筋肉が付く」というイメージもあるかもしれませんが、
プロテインとはタンパク質のことです。

細胞の成分となるタンパク質ですから、
質のいいプロテインを摂れば、健康になりますし、美容にも当然いいです。

タンパク質を構成するアミノ酸のうち、
体内では合成されない必須アミノ酸というのがあります。

この必須アミノ酸を毎日食事で補うとなるとなかなか難しいので
かれこそ10数年間、プロテインで摂取しているというわけです。

いつまでも若々しく生きたいと思う方にはオススメです!

と、健康の話になるとついつい長くなりますので
そろそろ今日の本題に入ります^^;

アクセス数を増やす前に、大事なことがあります

現在私は、ビジネス全般でのウェブやホームページを使った
集客や売上げをアップさせるためのサポートやコンサルを行っています。

相談をお聞きすると、「アクセス数を増やす = 売上げが上がる」
と思っている人が多いことに気付きます。

もちろん、アクセス数を増やすことは大事です。

しかし、それ以前に大事なことがあるのです。

あなたは、次の3つの数字を意識したことがあるでしょうか?

その3つとは、「直帰率」「離脱率」「滞在時間」です。

これらの説明はこの後お伝えするページに譲りますが、
直帰率と離脱率が高ければ高いほど、また、滞在時間が短ければ短いほど
訪問者がすぐに他のサイトに移動した、あるいはページを閉じた
ということが考えられるのです。

そのようなページであれば、
どれだけアクセス数を増やしたとしても売上げは上がらない、
ということに早く気付かないといけません。

「3秒ルール」を成功させるために大事なこと

500名以上の方が手にされた私の教材の中でも伝えていますが、
売れるホームページを作る上で、私がまず重要視している戦略は
ファーストインプレッション(第一印象)です。

初めての訪問者は、あなたのページを見たときに
『このページは自分にとって必要なページか?』
ということをわずか数秒で判断します。

必要ないと思えば、閉じられます。
二度と戻ってこないかもしれません。

なので、この数秒で訪問者の心をつかむ必要があります。

それを私は「3秒ルール」と呼んでいます。

「3秒ルール」を成功させるために大事なことは2つあります。

それは、「コンセプト」と「キャッチコピー」です。

つまり、売れるウェブページにするには、
まず、「3秒ルール」「コンセプト」「キャッチコピー」を
きっちりとおさえ、訪問者の心をガッチリつかむのです。

そうすれば、直帰率と離脱率が低くなり、滞在時間が長くなります。
それが、売上げに繋がっていきます!

「3秒ルール」「コンセプト」「キャッチコピー」について
もっと詳しくお知りになりたいと思ったら、
↓のページをご覧頂くことをオススメします。

3秒で訪問者の心をガッチリつかみあなたのサイトに釘付けにさせる方法
book-syoukai1
私が24800円で販売していた教材の一部を大幅改良し
手に入れやすい破格の値段にして100名様にご提供中です。

★関から「人生を変える最新情報やノウハウ」をもらおう!
↓から無料メルマガに登録!
12年以上読まれ続けている関達也の無料メルマガ

個で稼ぐ力をつけよう!
『年収1000万円 ひとりビジネスの教科書』




  


コメントを書く

この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

ライフチェンジラボの宮崎定例会&懇親会、盛り上がりました!

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/07/16 – 2018/07/22】

お急ぎください〜ビッグセール本日まで!『年収1000万円 ひとりビジネスの教科書』

ライフチェンジ・コンサルティングを始めます!

体力アップしてますか?年齢のせいにしては駄目ですよ

【無料で先着5名ご招待!】ライフチェンジラボ宮崎定例会イベント(7月20日)に参加してみません…


人気の記事ランキング