You are here:-米国の最新のセールス手法とは?

☆応援クリックして頂けるとうれしいです☆
 ⇒ 【人気ブログランキングの順位を見る

私は、ウェブマーケティングの専門家として
いろんな手法を自分で取り入れたり、調べたりしています。
私のマーケティングの定義は、
「売り込まずに商品が勝手に売れていく仕組み」です。
その手法として、ダイレクトレスポンスマーケティングや
2ステップマーケティング、リードジェネレーションなどがあります。
これらの仕組みの中で、自社の商品やサービスに興味のあるお客さん(見込客)
との関係を築いていきます。
この関係を築く際には、メールが使われることが多かったですが、
最近では動画が頻繁に使われるようになってきてます。
こうなるのは以前から分かっていたことではありましたが、
最近では動画を撮る機材が安くなったり、
動画作成や動画をアップする作業が簡単になったり、
サーバーも安くなってきたりしていることから加速している感じです。
動画と言えば、ネット先進国の米国の新しい手法があります。
その手法とは、セールスレターなしで、
一つの動画だけで販売を完結させるというセールス手法です。
インターネット上のセールスと言えば、
一枚の縦長のウェブページを思い浮かべる方も多いかと思います。
文章の量もワード何十ページもあるようなページです。
興味のある人にとっては、短いページも長いページも関係ないのですが
少しウンザリすることもあるでしょう。
それに対し、この新しいセールス手法とは、
一つの動画が貼ってあるだけです。
その動画でセールストークが始まり、申込みに繋げるという手法です。
通常動画というのは、途中で止めたり飛ばしたりできるものですが、
その動画はできません。
ウェブページならスクロールできますが、これはできないのです。
そして、申込みの案内が始まるタイミングで
申込みボタンを表示させる、というような技法を使います。
テレビの通販の流れと非常に似ています。
というか、セールスレターもその流れと同じですが、
動画にすることで、よりリアル感や緊迫感が増している感じです。
このセールス手法は、今後広がりを見せるでしょう。
今の時代は、こうした技術の進化から
いろんな手法が出てきている時代です。
注目していきたいと思います。
あと、最後にこのような最新手法の注意点を1つ挙げたいと思います。
それは、ビジネスで成果を出すには、
最新の手法ばかり取り入れれば良いというものではないということです。
それは戦術であり、戦略ではありません。
やはり、マーケティングの基礎をしっかりと学び、
土台を固めることが大事で、それこそが戦略です。
もっと商売の原点に近いところを見つめ直すことこそが
将来の発展に繋がると思います。
目先の売上げも大事ですが、
セールスばかりに集中すればお客さんは離れていきます。
新規客を増やし、ファンにしていく。
という流れの作業も意識されることをオススメします。
☆本日の記事が役に立ったらクリックして頂けるとうれしいです☆
 ⇒ 【人気ブログランキングの順位を見る

 

By | 2011-09-26T11:50:57+00:00 2011年 9月 26日|Categories: 1億稼ぐwebマーケティング講座|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】
個別相談「BSM’s」を東京で開催しました!
浜離宮恩賜庭園に初めて行ってきました!
六本木ヒルズ けやき坂のイルミネーションが始まってました!2017冬
SHOWROOMを創った前田裕二さんの講演会に行ってきました!

人気の記事