天才ハッカーがFacebookに入社した理由

今朝は雲が多かったけど、晴れてました^^

最近では少しだけ気温が低かったのか、
ランニング後の汗が引くのが少し早かったです。
 
 
Facebookに、世界で初めてiPhone脱獄をしたり、PS3のハッキングをしたりと
有名な21歳の天才ハッカーが入社したそうです。

ところで、Facebookの創始者マーク・ザッカーバーグが
元ハッカーであったことを映画で知った人も多いのではないでしょうか。
 
 
マーク・ザッカーバーグがハーバード大学の学生時に、
大学のデータベースをハッキングし、女子学生の身分証明写真を取得しました。

そして、それを「フェイスマッシュ」と名付けたゲームで
インターネット上で2人の女子学生の顔写真を比べて投票させたのです。

ザッカーバーグは、半年間の保護観察処分を受けました。
その後、Facebookを開始します。
 
 
ハッカーと言えば、ソニーの事件等でも知られてますが、
犯罪を起こす、悪い人というイメージが強いです。

ただ、ハッカーは高い技術力を持っています。

ハッカーの存在によって、企業のシステムの弱点や、
情報管理の甘さが指摘されることにも繋がってます。
 
 
しかし、PCのウイルスもそうですが、これはイタチごっこ。
技術者VS技術者となり、永遠と続くことになります。

もちろん、技術者の裏に悪い人がいるケースも多々考えられますが…

常に最先端の高い技術を持ってないと、
狙われてしまったら企業は大きな損失を被ります。
 
 
そこで企業はどう対策をすればいいのか。

ハッカーのことはハッカーが一番よく分かるというものです。
企業がハッカーを欲しがるのも無理はありません。

Facebookが天才ハッカーを入社させた本当の理由は分かりませんが、
高い技術力が欲しかったこと以外に、
ハッカー対策ということは十分に考えられると思います。

ちなみに、日本ではこういうケースはあるのでしょうかね、、、
 
 
〜すべては、自分を変えることから始まる。〜

  

コメントを書く

By | 2017-12-14T14:05:47+00:00 2011年 6月 27日|Categories: 健康&趣味, facebook|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事
プロスペクト理論から分かった「ビリオネアのリスクの選び方」『10億ドルを自力で稼いだ人は何を…
ビリオネアの行動の秘訣は「デザイン」にあった『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動…
塾生さんのブログ(WordPress)がとても好調です!
「短気」と「気長」を使いわけるビリオネア・マインドの時間の使い方『10億ドルを自力で稼いだ人…
海が気持ちいい!宮崎個別相談コンサルを開催してます!  

人気の記事ランキング

関連記事