You are here:-ホリエモン収監と地震と放射能の共通点

☆応援クリックして頂けるとうれしいです☆
 ⇒ 【人気ブログランキングの順位は?

昨日のお昼はホリエモン収監の緊急生放送を見てました。
午前11時半からニコニコ生放送で
ホリエモンが住む六本木ヒルスの自宅から始まりました。
そこでホリエモンがモヒカンになりビックリ。。。
そして13時、「Go to Jail」というTシャツを着て、
東京高等検察庁前でみんなの前に姿を現しました。
Tシャツには、これまでに粉飾決算をした企業とその額が書かれてました。
民放では映されてたのでしょうか?
ちなみに、↓のように粉飾額の多い順に企業名が並んでました。
・日本長期信用銀行 3100億円
・山一證券 2700億円
・Kanebo(カネボウ) 800億円
・日興コーディアル証券 189億円
・ヤオハン 128億円
・livedoor(ライブドア) 53億円
この粉飾決済の事件の中で実刑判決が下されたのは、
今回の堀江貴文氏のみです。
このことだけでも明らかにおかしいと思いますが、これが事実です。
そして、昨夜、同じくニコニコ生放送で、
「緊急特番!堀江貴文とは何者だったのか?」がありました。
司会は津田大介氏、パネラーに田原総一朗氏、東浩紀氏、ひろゆき氏、
上杉隆氏、郷原信郎氏、山口一臣氏による番組でした。
田原総一朗氏は、ホリエモンが孫正義氏や三木谷氏のようになれずに失敗し
実刑判決になった理由の一つとして、
「じじいキラーじゃなかった。大人に嫌われた。」
と言ってました。
この意見を否定できる人は少ないと思います。
また、こうも言ってました。
「日本はじじいに好かれないと成功しない国」
だと。。。
『ホリエモンみたいな天才児が出てきても、また潰されるよ!』
という意識が日本人の中にあります。
夢のない国になったものです。
パネラーたちは、
『日本を変えなきゃいけない!』
と真剣に討議してました。
話は変わって、東北地方三陸沖地震と放射能についてです。
まず、東北地方三陸沖地震について。
気象庁が発表したマグニチュード9.0には、
懐疑的な意見があるのをご存知でしょうか。
気象庁は、東北地方三陸沖地震が起こった当初、
マグニチュード8.4(暫定)としてました。
それが、後日8.8に修正され、最後に9.0になりました。
マグニチュード9.0で、多くの国民は、
「1000年に一度の巨大地震」という言葉に息を飲んだと思います。
しかしなぜ、当初の「8.4」が「9.0」に変わったのでしょう?
0.6の増大は、0.2でエネルギーが2倍なので、
エネルギーの大きさで言うと、2倍の3乗で8倍も大きいということです。
8倍も変わるというのも不思議ですよね。
実際、専門家によると、「気象庁マグニチュード」で計算した場合、
東北地方三陸沖地震は、8.3か8.4どまりということです。
しかし、マグニチュードの計算方法にはいくつかあって、
従来まですべて「気象庁マグニチュード」という計算方式を採用してたものを
「モーメントマグニチュード」という計算方式で計算し直したらしいのです。
そうなると、
『なぜ、今までの方式を別の方式に変えて、あえて9.0に引き上げたのか?』
という疑問が出てきます。
これはつまり、前代未聞の数字を発表することで、
「想定外」という責任逃れができるということに繋がるのです。
責任逃れして得をするのは、どこかでしょうか?
いくつか思い浮かぶと思います。
これは、情報(基準)操作の何ものでもありません。
基準を操作することによって、
国民の感情、世論も変わります。
次に現在進行形の放射能についてです。
国は、現状を元に被爆量の上限を変えてきました。
国際放射線防護委員会(ICRP)が定めた、一般の人の年間被爆量の上限
「1ミリシーベルト」を、「20ミリシーベルト」としました。
作業員の年間被爆量の上限は、50ミリシーベルトから100ミリシーベルト、
さらに、緊急時は250ミリシーベルトにまで引き上げられました。
また、東京都の浄水場で、ヨウ素131が1リットルあたり210ベクトル
検出されましたのを覚えてらっしゃるでしょうか?
大人の摂取限度は1リットルあたり300ベクレル、乳児は100ベクレルなので、
乳児には水を飲ませないように東京都が呼びかけました。
しかし、この基準は、原発事故発生後の3月17日に
原子力安全委員会と厚生労働省が設置した基準です。
米や欧州では、「乳児の基準は大人の10分の1」
というのが医学常識だそうです。
3分の1というのは、何を基準なのでしょう。。。
また、この基準では、野菜類のヨウ素131の摂取制限量は、
1キログラム当たり2000ベクレルとなってます。
これは、国際基準の100ベクレルと比べるとなんと20倍です。
国際基準よりも20倍引き上げた基準を元に国民に説明し、
説得し、安心(?)させようとしているのです。
探せば探すほど、理解できない事実が出てきます。。。
経済が縮小し、原発問題も未だ解決するどころか悪化していく国、日本。
『頑張ろう!』という言葉だけが先行し、
多くの人が現実から目を離そうとしているのかもしれません。
しかし、現実を知ることが自分の人生にとっていかに大事かを
今後国民の多くが知ることになるはずです。
成功は、現実を知るところから始まります。
それによって環境を変えることも必要であれば、変えた方がいいです。
今回の、ホリエモン収監と地震と放射能、これらに共通するもの。
それは、
「国や企業、メディアを鵜呑みにせずに、自分で判断する力を付けること」
だと思います。
本来は、信じ合うことで成り立つのが幸せな国家だと思います。
なので、正直、こんなことをブログで書きたくはありません。
しかし、大きな力を持つ少数の人間が変わろうとしない限り、
そのツケや負担は日本を支えている多くの国民に降りかかってきます。
場合によっては、命に関わることです。
このままではあまりにも不公平すぎます。
なので、このブログでお伝えした次第です。
☆本日の記事が役に立ったらクリックして頂けるとうれしいです☆
 ⇒ 【人気ブログランキングの順位は?

 

By | 2011-06-22T03:26:32+00:00 2011年 6月 22日|Categories: メルマガから|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
行動力が素晴らしい〜♪少人数制塾MIB・LCMSの宮崎2回目を開催しました!
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!

人気の記事