You are here:-雑誌WIREDとAR技術

昨夜のサッカーは17人が集まりました(^^)

photo:01



ゴールも決めることが出来て好調キープです。
そして今朝もランニング!

photo:02


photo:03



久々にいい天気でいい汗かきました。
先日、Amazonに注文してたWIREDが届きました。

photo:04



13年ぶりに日本版が復刊したそうです。
US版編集長は、あのロングテールやFREEの著者で有名なクリス・アンダーソン。
今回私は、WIREDのサイトを見てたことでたまたま復刊を知って購入しました。
過去、現在、未来のテクノロジー関連の話題満載で楽しめる内容でした。
しかし、かつてのWIRED読者には物足りないという意見もあるようです。
13年も経てば目が肥えるし、価値観も変わるし、センスも磨かれるでしよう。
また、ネットで多くの情報が手に入れられるようになったので物足りなくなったのかもしれません。
雑誌が売れなくなってる今、雑誌社は読者をいかに楽しませるかが大きな課題ですね。
一つ、ネットと雑誌の融合でWIRED ARというのがありました。
WIREDのあるページにアクセスしてWEBカメラに雑誌のページの顔写真をかざすと、その顔写真がしゃべり出す、というものです。
写真がしゃべり出すのでちょっとビックリします。
これは面倒と言えば面倒だけど(笑)、こんなところから何か面白いアイデアが生まれてくるものです。
iPod touchからの投稿

 

By | 2011-06-14T13:12:21+00:00 2011年 6月 14日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】
個別相談「BSM’s」を東京で開催しました!
浜離宮恩賜庭園に初めて行ってきました!
六本木ヒルズ けやき坂のイルミネーションが始まってました!2017冬
SHOWROOMを創った前田裕二さんの講演会に行ってきました!

人気の記事