You are here:-避難者は33万6000人余。私が「CIVIC FORCE」を選択した理由。

NHKニュースによると避難者は33万6000人余ということです。
避難されている方々は、毎日本当に大変な避難生活だと思います。
希望をもって乗り越えて頂きたいと思います。
地震が発生して6日目になります。
宮崎から今起こっている事態を想像するのは正直難しいです。
映像を見ればもっと想像できるのかもしれませんが、
今私はほとんどテレビを見てません。
地震発生当初は、普段全く見ないテレビを見てました。
正確な情報を出来る限り把握しようとしました。
しかし、やはりテレビの報道は、
困っている人が本当に必要な報道を流しません。
もちろん、すべてがそうだとは言いません。
ただ、私が見る限り、地震発生から二日目の13日には
明らかに困っている人たちに必要ない情報を流し始めていました。
そこでテレビを消しました。
以前、宮崎が鳥インフルエンザ、口蹄疫などの被害にあった時も同様でしたが…
今テレビを批判してもどうしようもありませんし、
批判の意見を書きたいわけではありません。
私はツイッターやネットを使って情報収集をしています。
ただ、いくら情報を集めようとしても、
現状は現地でないと本当のことは分からないのです。
私は現地に行くことはできません。
なので、正確な情報を入れて、私ができることをやっています。
冒頭に書いた「避難者は33万6000人余」、
これはNHKが公表した現時点においては正確な情報だと思います。
想像してみました。
避難者に一個100円のおにぎりを3個(計300円)渡すとします。
計算すると、
336000人×300円=100,800,000円
約1億円です。
避難生活はまだ続きます。
おにぎり3個ではどうしようもありません。
日本の復興にももちろんお金は大事ですが、
避難所にも早急にお金が必要です。
私は緊急に動いてくれる東京にある「公益社団法人 CIVIC FORCE」
という団体に13日に寄付をしました。
なぜ、私が「公益社団法人 CIVIC FORCE」を選択したのか説明します。
ご存知のとおり、選択肢で言えば日本赤十字社など大きなところも多数あります。
企業も次々に開始しています。
ただ、そういうところだと、集計したり本部費の控除をしたりと配分まで時間がかかるのです。
「公益社団法人 CIVIC FORCE」は災害時の緊急即応チームというだけあって、
地震発生の当日11日には募金活動を始め、翌日には被災地へ向かっています。
困っている人も多く緊急時なので、いろいろ調査した結果、
真っ先に「公益社団法人 CIVIC FORCE」に寄付をしたというわけです。
選択肢はいろいろありますが、一つの選択肢としてご考慮頂ければ幸いです。
公益社団法人 CIVIC FORCE(寄付の受付)
公益社団法人 CIVIC FORCEのホームページ

 

By | 2011-03-17T12:47:15+00:00 2011年 3月 17日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】

人気の記事