You are here:-分かりやすい文章を書く方法

メールやホームページ、ブログ、SNS、電子書籍など、ITが進んできたことで、文字を見る機会は劇的に増えてきました。
社内ではメールで会話をするという企業も多いでしょう。
プライベートでも、モバイルやPC、タブレットなどの端末を見る時間は年々増えてきているのではないでしょうか。
まさに、インターネットマーケティング到来という感じですが、マーケティングという前に身に付けておくべきスキルがあります。
それは、「文章」です。
文章で、商品やサービスを見込客やお客さんに伝える機会は格段に増えてます。
インターネットでは、お客さんと一切話すことなく、販売やフォロー、サポートまで文章のみで完結することも可能です。
なので、文章のスキルは重要です。
もちろん、日本人なら誰でも文章ぐらい書けるでしょう。
しかし、ただ書けるだけではスキルとは言えません。
ここで言う文章のスキルとは、分かりやすい文章が書けるスキルです。
分かりにくい商品説明をされた途端、『欲しくない』となった経験がありませんか?
質問した分かりにくい回答をされて、『イライラ』した経験がありませんか?
そのようなことが続ければ、商品は売れませんし、ファンにもなってくれません。
早急に、文章を分かりやすく書くためのスキルを付ける必要があります。
スキルと言っても決して難しいことではありません。
何も小説家のような文章が書けるようになる必要はありません。
巧みな表現方法を身につける必要もありません。
まず、分かりにくい文章を書く人の特徴を考えてみると、次の3つが挙げられます。
1.自分自身が理解してない
2.整理されてない
3.相手のことを考えてない
1番目の「自分自身が理解してない」は致命的です。
自分が分かってないものを、人に分かってもらおうとすることはできません。
まずは、自分自身で理解することです。
2番目の「整理されてない」は、思い付くまま書いただけの文章です。
例えば、要件が2つあるのであれば、まず最初に「要件は2つです」と伝えるといいです。
そして、見やすいように、箇条書きなどで番号を振って、視覚的にも分かるようにします。
3番目の「相手のことを考えてない」が一番重要です。
文章はなぜ書くのでしょう?
それは、相手に読んでもらうためです。
文章を書くときは、最初から最後まで相手のことを思って書くのです。
そして、最終チェックをする時は、相手の立場で分かりやすいかどうかを確認しながら読みます。
分かりやすい文章を書くための細かいテクニックを挙げればたくさんありますが、この3点を意識して書くだけでも、かなり分かりやすい文章が書けるようになります。

 

By | 2011-03-01T21:22:16+00:00 2011年 3月 1日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】
個別相談「BSM’s」を東京で開催しました!
浜離宮恩賜庭園に初めて行ってきました!
六本木ヒルズ けやき坂のイルミネーションが始まってました!2017冬
SHOWROOMを創った前田裕二さんの講演会に行ってきました!

人気の記事