You are here:-その計画はかなり甘いです

これからビジネスに取り組もうと思われている方や、
すでに取り組まれている方は、計画を立てられると思います。
何をどうやるべきかという計画がなければ、
何も始まらないし、進みません。
今月はあと3日で終わりますが、
この3日間の計画によって、3月の動きや成果も変わってくるでしょう。
このように大事な計画ですが、目標が達成できるかどうかは、
計画によって決まると言っても過言ではありません。
詳細な計画でなくても、
まずは、『こういうことを実現するためには、これとこれの準備が必要だな』
というような計画でもいいのです。
あとは、それを行動できるように、
具体的なプランとして落とし込んでいくのです。
その時に気付くのです。
時間が欲しいと。。。
今までやってきたことを辞めないと、
その計画は実現できないかもしれません。
捨てないと、新しいことはできませんから
取捨選択の必要性に迫られます。
決断とは「決めて断つこと」、つまり捨てるということです。
ただ、ここでせっかく計画を立てても、
「できない!」という人もいるかもしれません。
しかし、それは大抵の場合、「できない」ではなく
「やりたくない」ことだと認識することです。
「やりたくない」ことでも、夢の実現のためには「やる」しかないです。
ちょっとキツイ言い方ですが、
『そこまでしてやりたくない!』ということであれば夢を諦めるべきです。
でも、私はそのぐらい本気で実現したいことに対しては貪欲にやってきました。
そのぐらいやらなければ、自分の欲しい物は手に入りませんでした。
私事ですが、私はまた新たな使命感を持って取り組むことになり、
計画を立ててました。
しかし、その計画はかなり甘いことが分かりました。
もっともっと行動が必要だと気付いたのです。
どこかで力を抜いている私がいたのです。
特に20代や30代は、動いてなんぼだと思ってとにかく動いてました。
身体を壊すまで動いてきました。
そして今、40歳で少し守りに入っている自分に気付きました。
情報化社会になり、思考力で稼げる時代になりました。
本当に、思考は素晴らしいもので大事なのですが、
行動しなければ何も変わりません。
それはもちろん、自分では理解していたのですが、
どこかでここまででいいかな?という自分がいたのです。
行動すれば、それだけの成果は必ず返ってくるということを
昨夜、ダンケネディの本を読んで思い出した次第です。
「大きく考える」、「大量行動」、、、
そんなフレーズがパラダイムシフトを起こしました。
限界は自ら作るものです。
あなたも計画をもう一度考えてみられるといいと思います。
もっと行動できれば、より速くそして多くの成果が期待できるはずです。
2011年は始まったばかりです。
今年の暮れはどんな変化が待っているか楽しみです。

 

By | 2011-02-26T11:51:24+00:00 2011年 2月 26日|Categories: メルマガから|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】

人気の記事