You are here:-一貫性のルール

マーケティングとは心理学だと思うことが多々あります。
それは、ある商品を知ってその商品を購入するまで、何も考えないで行う人なんていないからです。
一つ一つのステップにはそれぞれの感情が働きます。
心理学を知っておくと、マーケティングにも役立つことがあります。
逆に、知らず知らず自分が(言い方は悪いですが)コントロールされていたことに気付くこともあります。
そこで今回は「一貫性のルール」について書きたいと思います。
一貫性のルールとは、一度自分が行ったことをまたやりたい(一貫していたい)という法則のことです。
前に自分がやったことを正当化しようとする心理からくるものなんですね。
そして有名な「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」は、一貫性のルールを用いた手法です。
「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」を簡単に説明すると、最初に簡単な要求(例えばアンケートなど)に応えてもらって、徐々に大きな要求に応えてもらう方法になります。
例えば、安いものでも一度その店で買うと心理的障壁が低くなり、高額な商品でも買ってしまうようになるというのもそれです。
自分が客の立場の時に意識していると、このテクニックが使われていることによく気付くようになるんですよね。

 

By | 2011-02-18T19:09:02+00:00 2011年 2月 18日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】

人気の記事