| 

日本が好きだから切に願うこと。スローなセブ時間【成功体質410】@セブ

こんにちは!関達也@宮崎⇔東京デュアルライフ()です!

セブでは時間の流れはゆっくりです。

もちろん、英語の授業は時間が決まっているので
時間通りに動いてますが、
一歩外に出ると時間の感覚が
日本とはまったく違います。
 
 
例えば、マクドナルド

日本ではスピードが命、というほど
店員がテキパキと働いているという
強い印象があります。

しかし、セブのマクドナルドは
めちゃくちゃゆっくりでした。

セブのマクドナルドの話

私がセブに着いた初日は深夜でした。

ドミトリーの近くにある
マクドナルドを利用した時のことです。
 
 
私が並んだとき、
お客さんが4組ぐらい並んでいました。

スタッフは5~6人いましたが、
お客さんの列がなかなか進みません。

気付くとレジが複数あるのに
1つしか使ってなく、
他のスタッフはゆっくり動いていたのです。
 
 
商品がなかなか出てこない状態だったのですが、
それでもレジの人は慌てる様子もなく、
ゆっくり商品を準備してお金を数えていました。

結局30分近く待たされました〜
 
 
アヤラモールなどの大きなモールの飲食店でも、
店員の動きはゆっくりで、
ビールでさえもなかなか出てきません。

モールのスーパーのレジもゆっくりでした。

また、私のバッチメイトがモールの床屋に行ったら
待ってる客もたいしていなかったのに、
2時間待たされたと言ってました。
 
 
と、セブはこんな感じです。
 
 
あと、いろんなところで
「ちょっといい加減じゃないの?」
というところがあります。

それはマニラ空港のいい加減な荷物チェックの時から
始まってました。。。

ここセブに来ても、
学校のシステムや内容も
そういうところがあります。

クレームだらけでイライラの毎日になりそうですが…

日本と比較して気づいたことを
こうして書き出しました。

日本人の感覚で生きようとすると、
クレームだらけでイライラの
毎日になるでしょう(笑)

 
 
でも、人間とは環境に慣れるもので、
次第に「こういうもんか。」
となります。

と同時に、逆に
「日本は細かいことにうるさくて住みづらいな」
とさえ感じてきます。

セブがいい、日本が悪い、
ということを言いたいわけではないのですが、
おおらかに生きれる場所が私は好きです。
 
 
私の周りでも
毎日がストレスの連続で体を壊したという人が
よくいます。

それは、周りの人々や社会や会社の仕組みなどが
ストレスを与えている場合が
ものすごく多いのです。
 
 
セブでは、みんなニコニコしてます。
気さくに挨拶をしたり、会話を交わします。

ここ学校の中でも笑いが絶えません。
生徒より先生が非常に明るいのです(笑)

「日本人は、もっと気楽に生きれないのかな?」
と強く感じます。

ギスギスしないで、
もっと許し、許しあえる社会に
なって欲しいですね。
 
 
私のミッションステートメントには、
「心が豊かな日本を創る」
というものがあります。

おおらかに、そして気楽に生きれる人が増えるよう
私は頑張ります。






↓関からのお知らせ〜

★あなたの問題や悩みを瞬時に解決!
「関達也の個別コンサルティング」
特別価格で募集中!日程と詳細はこちらから

★関から「人生を変える最新情報やノウハウ」をもらおう!
↓から無料メルマガに登録!
12年以上読まれ続けている関達也の無料メルマガ

★個人の稼ぐ力がついた人が続出!
『年収1000万円 ひとりビジネスの教科書』




  


コメントを書く

この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/09/10 – 2018/09/16】

【参加無料】宮崎で、追加セミナー&説明会します!

無料の電話コンサルを、10名様にプレゼント!

【無料コンサルプレゼント】どうしてもウェブを活用して成功したい方へ(2018年9月末まで)

まだ間に合います!東京セミナー&説明会の参加者募集中!

なぜ「書く技術」は、一生使える最強のビジネススキルなのか?


人気の記事ランキング