You are here:-目標が自分を苦しませているあなたへ【成功体質373】

【目標が自分を苦しませているあなたへ】

1262803_615346568504779_1675148128_o

自分が立てた目標なのに、
それが自分を苦しませてしまうことって
あなたは経験ないですか?
 
えっ!?今もそうですか?
 
それなら、今日の記事をぜひ読んでください。
1分で読めます!
 
 
そういう時って、
それをやりたくなくなってますよね。
 
過去、私もそういうことがあったのでよく分かります。
 
なぜそうなのかというと、今のあなたは
「have to」状態、つまり、
「〜しなければならない」状態になってるわけです。
 
 
「〜しなければならない」状態になってしまうと、
潜在意識の力が働きます。
 
どう働くかというと、
潜在意識が現状を維持させようとして、
それをしなくてもいい理由をどんどん創造するのです。
 
たとえば、「読書しなければならない」となってると、
「読書しなくても成果には影響ないだろう」とか
「音声を聞いたからいいだろう」とか
しなくてもいい理由を創りだし、
目標から逃避や回避させてしまうのです。
 
さらに、「〜しなければならない」
として行動して悪い結果が出ると、
「本当はやりたくなかった」と言い訳をしてしまいます。
 
つまり、「自分には責任がない」という態度になるのです。
 
 
「〜しなければならない」状態でいることは、
人生にいい影響がないですよね。。。
 
ですから、今あなたが「〜しなければならない」状態であれば、
その状態をすぐに変えることをおすすめします!
 
 
では、どう変えればいいのかというと、
「want to」状態を捨て、
「〜したい」状態にすればいいのです!
 
「〜したい」状態になるには、
それをなぜやるのか、その理由や目的を考えたり、
それが実現した自分をリアルに想像したりするのです。
 
例えば、「読書」であれば、読書をすると
・アウトプットが楽しくなる
・知識が増える
・収入がアップする
・出版できる
などがあります。
 
それらが動機づけになり
「読書したい」となるわけです。
 
 
「〜したい」状態になると、今までにないぐらいの
強力な創造力が働きます。
 
日々「〜したい」状態で生きていると、
幸せですし充実感が生まれます。
 
しかも、それをやってたとえ望む結果が出なかった場合でも
自分の責任と感じることができるのです。
 
ぜひ、「have to」を捨て、
「want to」の人生にされることをおすすめします!

 

By | 2013-10-09T21:47:11+00:00 2013年 10月 9日|Categories: 成功体質500話|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
行動力が素晴らしい〜♪少人数制塾MIB・LCMSの宮崎2回目を開催しました!
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!

人気の記事