You are here:-我が家のテレビをなくした後の家族(子供たち)やリビングの劇的な変化〜メリットとデメリット【成功体質335】

【我が家のテレビをなくした後の家族(子供たち)の劇的な変化〜メリットとデメリット】

 
以前、我が家のリビングからテレビをなくした話を書きました。
いつのことか調べてみたら、もう3ヶ月以上前の話でした。
 
それまでは、リビングに行くと、
子どもたちが好きそうな番組やつけっぱなしの番組が
いつも流れているような状態でした。

 
必然的に、リビングが
子どもたちや嫁の溜まり場のようになっていたわけです。

 

テレビがなくなったけど、どうかな?

 
そして先日、次のように子どもたちに尋ねてみました。
 
「テレビがなくなったけど、どうかな?
なんか困ったことあった?友達の会話でもいいけど。」

 
すると、小6の娘は、
「別に見なくてもいいね。
同級生と話が合わないことがあるけど、
男子のギャグを聞いてた方が面白いよ。」

 
小4の息子は、
「テレビ見るより宿題やってた方がいいね。
テレビの話はする人いないね。」

 
という返事でした。

息子の宿題というのは、半分以上嘘だと思いますが(笑)

そして、最後に
「テレビって別に見なくもいいよね。」
と私が言うと、2人とも
「そうだね、見なくてもいいね。」
という返事でした。

 

テレビをなくしたことによるデメリットは何もありません。

  
リビングが溜まり場じゃなくなった今、こうなりました。
 
子どもたちが家にいるときは、自分たちの机で
宿題をしたり、絵を書いたり、本を読んだり、工作をしたりしています。

または、私がいる1階のオフィスでPCやゲームで遊んだり、
宿題をしたり、本を読んだりしています。

 
 
テレビをなくしたことによるデメリットは何もありません。
 
テレビをなくしたことによって、
子どもたちがいる場所と時間の使い方が劇的に変わってきました。

 
そして、家族の会話が増えました。
 
 
テレビ視聴に無駄な時間を使っている人は多いと思います。
 
もちろん、すべてのテレビ番組が無駄ということを
言いたいわけではありません。

 
 
今日お伝えしたかったのは、テレビに限らず、
「目的もなく無駄に使っている時間」をなくすだけで、
生活に変化が出てくるということです。

 
小さなことですが、これが人生を変える大きな1歩になります。
 
 
それは、大抵の人は「無駄なことをやる」ことが習慣になってるからです。
そこを変えて、「無駄なことをやめる」を習慣にしましょう。

 
そのためにまずは、1日の時間の使い方を思い出して、
無駄なことをリストアップすることをおすすめします!

〜すべては、自分を変えることから始まる。〜

 

By | 2013-08-23T22:24:45+00:00 2013年 8月 23日|Categories: 成功体質500話|Tags: , , , , , , , |0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
カレッタ汐留の美しいイルミネーション(動画あり)を観てきました!手が凍りそう…
仮想通貨取引所「BINANCE」が仮想通貨の取引高世界一に!BINANCEの特長と口座開設の方法を解説します!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/12/11 – 2017/12/17】
ビットコインが本当にタダでもらえるキャンペーン情報
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS

人気の記事