You are here:-就職や仕事に縛られる現代人【成功体質287】

☆いつもありがとうございます!応援クリックして頂けるとうれしいです☆

【人気ブログランキングを見る】

 あなたも私もそうですが、学生のときは「勉強」をしましたよね。
 そして、社会に出ると「仕事」をすることになります。
 
 「なぜ仕事をするの?」と聞かれれば、
 「収入を得るためです。」
 と多くの人が答えるでしょう。
 
 私も仕事とはそういうものだと考えてました。
 
 そう割り切って、
 自分の時間や能力や労力を費やしました。
 
 
 しかし、10代の私は
 そんな風に生きたくないと考えていたのです。
 
 ギタリストになりたいと夢見てたり、
 好きなことをやって自由に生きたい、
 と考えてたのです。
 
 つまり、「収入のために働く」という概念どころか、
 「仕事をする」という概念も持ってなかったのです。
 
 
 世の常識として、社会に出たら「就職」をしたり、
 何かしらの「仕事」をしたりするように教育されます。
 
 「なんかおかしい、なんかおかしい、なんかおかしい。。。」
 と大学の先輩や同級生が就職活動をしたり、就職していくのを見て
 強烈に感じました。
 
 私はというと、大学在学中の就職活動は途中で辞めました。
 
 留年して何とか卒業した私は、フリーターになりました。
 
 20年以上前の話です。
 
 当時はまだフリーターという言葉はほとんど使われてなく、
 起業や副業をするという人も周りにはほとんどいませんでした。
 
 周りは皆、ひかれたレールの上を歩くように就職していきました。
 
 
 私は、「人はなぜ就職や仕事をするのか?」
 という難解な疑問を持ってました。
 
 難解だし、常識に洗脳されかけていた私は、
 どう生きればいいのかが分かりませんでした。
 
 そして私が出した結論は、
 「就職しないで生きる」という道でした。
 
 
 「就職」という概念を捨ててから18年生きてきましたが、
 気付いたことがあります。
 
 それは、私は「仕事」という概念も捨て去ったということです。
 
 例えば、何時から何時まで仕事という概念もありませんし、
 実際そういうことをしてません。
 
 例えば私が書いているメルマガは2005年から続けてます。
 
 傍から見れば仕事の一部に見えるかもしれませんが、
 私は仕事と思ってメルマガを書いたことがありません。
 
 私の中では、「就職」という言葉も「仕事」という言葉もないのです。
 
 
 歴史を見れば分かりますが、
 昔の常識が今の非常識、昔の非常識が今の常識です。
 
 つまり、常識なんてあってないようなものです。
 常識と言われる就職や仕事という概念がなくなる日が来るかもしれません。
 
 私は自分の生き方を貫きます。
 ぜひあなたもあなたの生き方を貫いてください。
 

 ★ 世界一自由な起業家「ひとりネット起業家」の秘密
   関達也のメルマガ登録はコチラから
   ※おかげさまで読者数9万人を突破しました!

最後までお読み頂きありがとうございます!
☆本日の記事が役に立ったらクリックして頂けるとうれしいです☆

【人気ブログランキングを見る】

関達也のプロフィールを見る

 

By | 2013-06-22T23:01:34+00:00 2013年 6月 22日|Categories: 成功体質500話|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】
個別相談「BSM’s」を東京で開催しました!
浜離宮恩賜庭園に初めて行ってきました!
六本木ヒルズ けやき坂のイルミネーションが始まってました!2017冬
SHOWROOMを創った前田裕二さんの講演会に行ってきました!

人気の記事