| 

儲かる話は腐るほどあります【成功体質247】

私は、24歳の頃にナポレオン・ヒルの
「思考は現実化する」を読み衝撃を受けました。
 
自分が決めれば、望む人生を手に入れることができる
ということを知ったのです。
 
そして、私は真の成功を目指すことを決めました。
 
経済的成功はもちろんですが、
人としても成長したいと強く思ったのです。
 
 
と思いながらも、
それまでの私は、プロのギタリストになる夢を諦めたり、
「人生なんてつまらない、いつ死んでもいい」
という私でしたから、一気に変わって成功するはずがありませんでした。
 
 
今思えば、その頃の私は、真の成功者になるといいいながら、
「どんな自分になりたいのか」
「どんな人生を手に入れたいのか」
という人生の目標が明確でなかったのです。
 
ですから、結局私は
「何かチャンスないかな〜」
「いい儲け話はないかな〜」
「お金欲しいな〜」
ということばかり求めてたのです。
 
 
そして私は、たくさんのビジネスをやりました。
振り返ると、全部時間の無駄でした。
 
 
なぜ無駄かというと、
「どんな自分になりたいのか」
「どんな人生を手に入れたいのか」
が明確になったときに、
それらのビジネスはやる必要がなかったことが分かったからです。
 
もちろん、経験としてプラスになったこともあります。
実績を出したビジネスもあります。
 
 
しかし、それらに費やした時間は戻ってきません。
 
儲かったお金とか損したお金以上に、
時間の方が重要だということは、
歳を重ねるほど分かってくるものです。
 
 
人と交流してると、
儲かる話を耳にたこができるほど聞きます。
 
例えば、
「今は◯◯が儲かるぞ!」と言ってた人が、
数日後には「△△が儲かるよ!」と言ってきたり、
「この話はまだ日本で知ってる人は少ない、今乗っておけば確実に儲かる」
という話があったり。
 
それが儲かるか儲からないかは別として、
儲かる話っていうのは、腐るほどあるのです。
 
それに乗る乗らないは、もちろん本人の自由です。
 
 
ただ、最高の人生を送りたいと思っている方は、
それを始める前に、自分の望んでいる人生に
それが本当に必要なのかを考えてみられることをおすすめします。
 
それ以外に、もっと集中してやるべきことがあるのに、
儲かるという話に乗せられて、
無駄な時間を使うほどもったいないことはありません。
 
 
私が未熟だったからですが、
3度のどん底を経験したのも無駄なことをやったからです。
 
破産寸前になったり、死を意識したこともありました。
 
しかし、人生に何を求めるのかが分かってから、
自分が何をすべきかが明確になりました。
 
そして、おかげさまで復活することができて、
今こうして自由な生き方を手に入れることができた次第です。
 
 
自分が本当に必要とするお金があれば、
十分幸せなんです。
 
でも、それ以上を望むと、
幸せを感じなくなったり、人生を破滅に向かわせたりします。
 
私の経験が少しでもあなたのお役に立てばうれしいです。

★関から「人生を変える最新情報やノウハウ」をもらおう!
↓から無料メルマガに登録!
12年以上読まれ続けている関達也の無料メルマガ

【48セット限定】ビッグセール!!
「年収1000万円 ひとりビジネスの教科書」




  


コメントを書く

By |2017-09-11T15:31:50+00:002013年 4月 28日|Categories: 成功体質500話|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

体力アップしてますか?年齢のせいにしては駄目ですよ

【無料で先着5名ご招待!】ライフチェンジラボ宮崎定例会イベント(7月20日)に参加してみません…

人生が変わらない原因は「今の思考」と「プライド」だ

青島に家族で行ってきました!かき氷が安くて大盛りすぎる!@宮崎

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/07/09 – 2018/07/15】

宮崎で久しぶりにランニング!


人気の記事ランキング