| 

 あなたは、1日の中で、現実的なことを考える時間が多いでしょうか?

 それとも、理想的なことを考える時間が多いでしょうか?

 自分の思考を確認する機会はあまりないと思うので、

 戸惑ったかもしれません。

 これは私の偏見かもしれませんが、

 1日のほとんどを現実的なことばかり考えている人が大半だと感じます。

 自分が確実にできることや、

 リスクを一切負わず安全圏の中で考えている人です。

 そのような人は、冒険はせず、現実的に想像できる範囲のみで生活する、

 という人生になります。

 エキサイティングな人生は望めないでしょうが、

 それが幸せだと思えば、それでいいと私は思います。

 ただ、そういう現実的な思考の人の中にも、

 理想を抱いている人はいます。

 もったいないのは、理想は叶わないものだと決めつけてしまって、

 始めから諦めてしまっていることです。

 実は、そうなるのには理由があります。

 それは、現実的に考えれば考えるほど、

 理想の人生にならない理由は出てくるからです。

 現在の自分の状態では、その理想を手に入れることができないから

 理想なんですよね。

 今、手に入るものであれば、とっくに手に入れてるだろうし、

 それならば、それは理想でも何でもないということになります。

 つまり、理想の人生を手に入れるには、

 今の自分を成長させる必要があるということです。

 ただ、成長するとなると、面倒なことも出てきますよね。

 それで多くの人は、「それなら今の自分のままでいいや」となるわけです。

 理想の人生を手に入れる人は、面倒なことでもやってます。

 それは理想の人生を手に入れる方が、

 面倒なことよりも優先順位が上だからです。

 私は相当な面倒くさがりですが、

 ここまでこれたのは、どうしても理想の人生を手に入れたかったからです。

 それでは最後に、理想の人生を手に入れる思考法をお伝えします。

 まずは毎日、理想的なことを考える時間をたくさん作ります。

 そして、単に理想的なことばかり考えていても絵に描いた餅なので、

 「どうすればそれが手に入れることができるんだろう?」

 と戦略や戦術を現実的に考えることです。

 理想的な思考と現実的な思考のバランスが大事です。

 もちろん、あとは書くまでもないですが、行動あるのみです。

 行動すれば、理想の人生に近づいていくのが実感できます。

★関から「人生を変える最新情報やノウハウ」をもらおう!
↓から無料メルマガに登録!
12年以上読まれ続けている関達也の無料メルマガ

個で稼ぐ力をつけよう!
『年収1000万円 ひとりビジネスの教科書』




  


コメントを書く

By |2018-07-17T03:55:44+00:002013年 4月 4日|Categories: 成功し続ける成功法則|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

ライフチェンジラボの宮崎定例会&懇親会、盛り上がりました!

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/07/16 – 2018/07/22】

お急ぎください〜ビッグセール本日まで!『年収1000万円 ひとりビジネスの教科書』

ライフチェンジ・コンサルティングを始めます!

体力アップしてますか?年齢のせいにしては駄目ですよ

【無料で先着5名ご招待!】ライフチェンジラボ宮崎定例会イベント(7月20日)に参加してみません…


人気の記事ランキング