You are here:-宮崎の女性【成功体質176】

☆いつもありがとうございます!応援クリックして頂けるとうれしいです☆

【人気ブログランキングを見る】

 昨夜は久しぶりに宮崎の街に飲みに出ました。
 
 女性と話す機会があって、
 お金や仕事の話になった時に、その女性は
 「収入は低くても、一生懸命仕事を打ち込んでやってる人が好き。」
 と言ってました。
 
 「自由な時間が全然なくてもいいの?」
 と聞いたら、ちょっと困った顔をしてましたが、
 それでも、
 「やっぱり、そう人が好き」
 という答えでした。
 
 今度は、
 「もし、1日2~3時間ぐらいしか働いてなくてもお金持ちと
 いう人がいても、そういう人がいいの?」
 と聞くと、
 「ん~でも、やっぱりそういう人が好き」
 と答えは変わりませんでした。
 
 
 そして、それを聞いてた別の女性は、
 「私は、お金も時間もある人が断然いい!」
 と言ってました。
 
 
 価値観はいろいろだな~と勉強になったわけですが、
 私の友人が知っている宮崎の若い女性は、
 「収入は低くても、一生懸命仕事を打ち込んでやってる人が好き。」
 という人が多いようです。
 
 
 都会は分かりませんが、
 地方などはその傾向が強いのでしょうか?
 
 宮崎の収入は都会と比べると、とても低いです。
 
 夢が見れないような社会なのか、
 低賃金でも安定を求める人が増えているのか。。。
 
 
 私は、お金稼ぎを目当てに生きようとは思いません。
 
 ただ、夢や自分のやりたいことを目指さない人生や
 我慢して生きる人生は嫌なのです。
 
 
 もし、あなたもそう思っている人なら、
 自分の住んでる場所や日本だけにとらわれる必要なんてありません。
 
 こんな凄い時代ですから、チャンスは星の数ほどあります。
 未来を考えるとワクワクするしかないですね。
 

 ★お知らせ

 わずか4ヶ月で、あなたのライフスタイルやライフワークを劇的に変える、

 関達也の全ノウハウをお伝えする塾がスタートします!

 せき塾(年収1000万円ひとりネット起業家成功塾)
 ⇒ www.sekijyuku.com/

 
■本日の記事が役に立ったら

 ブログのランキングボタンを押してもらうとうれしいです!

 ⇒ ameblo.jp/netkigyo/

 感想やご意見もお気軽にどうぞ。

 
 追伸 1

 関達也のFacebook(フェイスブック)です。

 ⇒ facebook.com/tatsuya.seki

 初めての方はメッセージもらえるとうれしいです!

 
 追伸 2

 関達也のTwitter(ツイッター)です。

 ⇒ twitter.com/SekiTatsuya

 関をフォローしたら、「@SekiTatsuya メルマガ見てます!フォローミー!」

 とツイートしてもらえれば出来る限りフォローしてます!

 
 追伸 3

 関達也のブログです。毎日更新中です!

 ⇒ ameblo.jp/netkigyo/

 マーケティングの話やプライベート、過去のバックナンバーも掲載しています。

 読者登録してもらえたらうれしいです!

 
 追伸 4

 関へのご意見やご感想、聞いてみたいことなどありましたら

 ⇒ www.s-marketing.jp/otoiawase/ からお気軽にご連絡ください。

 
最後までお読み頂きありがとうございます!
☆本日の記事が役に立ったらクリックして頂けるとうれしいです☆

【人気ブログランキングを見る】

関達也のプロフィールを見る

 

By | 2012-12-27T23:45:40+00:00 2012年 12月 27日|Categories: 成功体質500話, 成功し続ける成功法則|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信でひきこもりになり、誰も会わずに稼ぐと決意。一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ライフチェンジラボのリーダーズミーティングをYahoo!ロッジで開催しました!
銀座「GINZA SIX」に行ってきました!6階の蔦屋書店は一見の価値ありです!(動画あり)
完全にスイッチが入られました。瞬時に問題を解決する「先着10名様の個別相談」を開始しました
小さな習慣から始めよう!
【動画プレゼントします!】一瞬であなたの人生を変える今の時代のキーワード「第1話 一貫性」

人気の記事