私は毎日読書をしています。
 
 今日読んだ本はマーケティングの本でした。
 
 
 ページをめくりはじめると、
 
 めちゃくちゃ当たり前のことが書かれてました。
 
 
 「どこから凄いことが出てくるのかな?」
 
 と期待しながらページをめくりました。
 
 
 しかし結局、最後まで当たり前のことばかりでした。
 
 
 
 私自身、マーケティングについては
 
 勉強してきたり実践してきたりしました。
 
 
 それでも、本を読んだら必ず学ぶことはでてきます。
 
 
 しかし、今日読んだ本は、
 
 最後の最後まで当たり前のことが、どうだ!と言わんばかりに
 
 書いてあったのです。
 
 
 
 「な~んだ」と本を閉じた時です。
 
 ハッ!と気が付いたことがありました。
 
 
 
 本をよくよく見返してみると、
 
 書いてあることはすべて当たり前のことだけど、
 
 確かにこれらをやったら成果が出ることばかりでした。
 
 
 私は、本に「難しいこと」とか「知らないこと」とかを
 
 求めていることに気が付いたのです。
 
 
 
 もちろん、難しいこととか知らないことからの学びはあります。
 
 
 でも、こういう当たり前のことにこそ、
 
 大事な基本や本質的なものがあるんですよね。
 
 
 
 読書に限らず、教材やセミナーなどで学ぼうとしたときに、
 
 「当たり前のことばかりで退屈した」
 
 という経験をしたことがある人は多いと思います。
 
 
 でも、それを実践したことがある人がどれぐらいいるかとなると、
 
 極端に少なくなるわけです。
 
 
 
 簡単なことでもやっていなければ、
 
 難しいことはもっとやることができなくなります。
 
 
 教える側も教わる側も、このことを理解することが大事だな、と
 
 今日の本を読んで学んだ次第です。

  

コメントを書く

By | 2012-11-10T22:46:47+00:00 2012年 11月 10日|Categories: 成功体質500話, 成功し続ける成功法則|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事
楽しくもあり成長でもある親としての日々〜大変なことが自分を成長させる
自分と対極の人を選ぶ「ビリオネアの仕事相手の選び方」『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、…
夢を確実に叶える2つの秘訣〜人生を変える本も紹介します!
プロスペクト理論から分かった「ビリオネアのリスクの選び方」『10億ドルを自力で稼いだ人は何を…
ビリオネアの行動の秘訣は「デザイン」にあった『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動…

人気の記事ランキング

関連記事