「上位20%の人が、国民の80%の富を所有している」
 
 という話を聞いたことがあるかもしれません。
 
 
 最近は格差社会と言われ、
 
 さらに格差が拡がっているという声がありますが、
 
 実際はどうなのか調べてみました。
 
 
 
 米国では、上位1%の高所得者が
 
 国民所得全体の17%を超えていました(2010年)
 
 
 しかも、上位1%の資産まで含むと
 
 なんと40%にまで上ります。
 
 
 これは驚異的な数字ですね。。。
 
 
 
 第二次世界大戦以前の米国は、
 
 同じように上位1%が国民全体の15%を占有していました。
 
 
 ところが、戦後40年ほどは所得の平等化が進んでたのです。
 
 
 
 では、なぜ今のような占有率になったかというと、
 
 80年代にレーガン大統領が行った
 
 「富裕層や企業に対する減税などの経済政策」が原因と言われています。
 
 
 
 それにしても、「なぜこれほどの稼ぎができるようになったのか?」
 
 というところが気になるところです。
 
 
 それには、2つのキーワードがありました。
 
 
 
 それは「グローバル化」と「IT革命」です。
 
 
 
 上位1%の彼らの稼ぎの額は、あまりにもケタ外れです。
 
 
 でも、金額ではなく「稼ぐ」ということにフォーカスすれば、
 
 この「グローバル」と「IT」は無視するわけにはいきません。
 
 
 「ひとりネット起業家」として、
 
 稼げるビジネスのキーワードであるからです。
 
 
 この波に乗れば稼げるチャンスは広がります。
 
 
 
 そのため、それらの力をアップすることを意識することをおすすめします。
 
 
 「グローバル」については、海外に実際に出掛けて肌で体感したり、
 
 世界の情報を収集したり、語学を勉強したり、
 
 「IT」については、個人メディアを学んだり活用したり、
 
 マーケティングやコピーライティングのスキルを磨いたりするといいでしょう。
 
 
 
 ちなみに、日本の高所得者1%の所得占有率は約9%でした。
 
 これは、米国や英国、カナダよりかなり低い数値です。
 
 
 日本は、1970年以前が同じく9%ぐらいでした。
 
 
 その後少し減少傾向にありましたが、
 
 1990年半ば以降から上昇傾向にあります。

↓関からのお知らせ〜

★あなたの問題や悩みを瞬時に解決!
「関達也の個別コンサルティング」
特別価格で募集中!日程と詳細はこちらから

★関から「人生を変える最新情報やノウハウ」をもらおう!
↓から無料メルマガに登録!
12年以上読まれ続けている関達也の無料メルマガ

★個人の稼ぐ力がついた人が続出!
『年収1000万円 ひとりビジネスの教科書』




  


コメントを書く

By |2012-11-01T18:33:03+00:002012年 11月 1日|Categories: ひとりネット起業成功法|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

なかなか深い映画でした!『クレイジー・リッチ!』を観てきました!

顔出し全員NG!Webライター/マーケティング塾、東京開催しました!

2〜3の企画が動き始めてます!一緒に楽しみませんか?@ライフチェンジラボ追加募集開始!

小さいことを続けよう!継続は圧倒的な力である

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/10/08 – 2018/10/14】

面白かった!映画『カメラを止めるな』を観てきました!@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ


人気の記事ランキング