You are here:-やる気が起きない場合の対処法【成功体質139】

【やる気が起きない場合の対処法】

 
夢を実現するための計画を立てると、
「これで夢を達成できるぞ!」
とテンションも上がりますよね。
 
しかし、今日の計画のタスクを目の前にしたところ、
「ん?なんか、やる気がおきないな、、、」
とテンションが下がってしまった経験はないでしょうか?
 
そして、「やっぱり明日やろう」とか「そのうちやろう」とか
「俺はやるときはやる人間だ」とか思って、
先延ばしにしてしまった経験はないでしょうか?
 
 
私も経験あるのですが、先延ばしにしてしまうと、
結局やらずじまいで終わってしまうことが多いです。
 
それは、私が超面倒くさがりということもありますが(笑)
延ばせば延ばすほど面倒くさくなるからです。
 
 
私たちは今しか生きることしかできないので、
やろうと決めたことは、その時にやるのが一番いいわけです。
 
 
でも、気分が乗らないとツライですよね。。。
 
 
そこで、「どうやって対処すればいいのか?」ということですが、
アメリカの心理学者のレナード・ズーニンは次のように言います。
 
「物事は最初の4分間が決め手になる」
 
 
つまり、最初の4分間がうまくいけば、そのままうまくいき、
その逆であれば、うまくいかなくなる、ということです。
 
「4分間の法則」ですね。
 
 
これは仕事に限りません。
 
人とのコミュニケーションや、
学習や遊びなどもあてはまります。
 
 
それを知ってあと、私自身の行動を振り返ると、
「なるほど、確かにそうかも?」
と感じた次第です。
 
 
というのも、例えば、私は毎日こうしてブログを書いてます。
もちろん、気分が乗らない日もないわけではありません。
 
しかし、下書きをしているといつも気分は乗ってきます。
書き始めて5分後ぐらいのことです。
 
 
あとは、3年半続けている毎日のランニングもそうです。
家を出るときに「今日は面倒だな~」と思う日もあります。
 
しかしこれも同じく、気が付けば「走るぞモード」になっているわけです。
ランニング場所の河川敷まで歩いている時間が、これが約5分なんです。
 
こう書いていると私の場合は
「5分間の法則」かもしれませんが(笑)
 
 
夢を実現するには、決めたことを実行していくしかありません。
 
もし、あなたがやる気が起きないときは、
まずは騙されたと思って
4分間取り掛かってみることをおすすめします!

〜すべては、自分を変えることから始まる。〜

 

By | 2012-10-24T18:36:47+00:00 2012年 10月 24日|Categories: 成功体質500話|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】

人気の記事