You are here:-ベッカムが動いた!

関達也のプロフィールを見る

☆いつもありがとうございます!応援クリックして頂けるとうれしいです☆

【人気ブログランキングを見る】

 イングランド代表やマンU、レアル・マドリードで活躍した
 
 デビッド・ベッカムが、子どもの発育阻害についてCNNに記事を書いてました。
 
 
 発育阻害は、生後1000日の間に
 
 子どもが適切な栄養を摂取できなかったときに起こります。
 
 
 そして、子どもの脳や体に対するダメージは永続するそうです。
 
 全世界に約1億7000万人もいるとのこと。
 
 
 将来、彼らの収入が減ったり、国の経済活動に影響を及ぼしたりすることが
 
 懸念されてます。
 
 
 そして、ベッカムがキャメロン首相や世界各国の指導者に会ったりと
 
 動き出したようです。
 
 
 私はいくつかの支援をしてますが、発育阻害については知りませんでした。
 
 ベッカムの動向に注目したいと感じた次第です。
最後までお読み頂きありがとうございます!
☆本日の記事が役に立ったらクリックして頂けるとうれしいです☆

【人気ブログランキングを見る】

関達也のプロフィールを見る

 

By | 2012-10-23T18:41:33+00:00 2012年 10月 23日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】

人気の記事