飲み過ぎは体に悪いと言われるコーヒーですが、
 
 子宮癌や前立腺癌のリスクを下げるという研究データが出てました。
 
 
 どんなデータかというと、
 
 ハーバード大学の研究チームが20年以上67,000人の女性を調べたところ、
 
 1日4杯以上を飲んだ人々は一日一杯未満を飲んだ人々と比べて、
 
 25%で子宮内膜がんのリスクを減少。
 
 
 20年間50,000人のグループを調べたところ、
 
 1日6杯以上を飲んだ人々は前立腺がんのリスクを18%減少。
 
 
 また、糖尿病や胆石、大腸癌、パーキンソン病のリスクも
 
 下げるということです。
 
 
 ただ、砂糖とクリームを加えることで効果が相殺してしまうので、
 
 加えることについては警告しています。
 
 
 これから温かいコーヒーが美味しくなる季節なので、
 
 コーヒー好きには嬉しい情報ですね。
 


関連記事


  


コメントを書く

By | 2012-10-17T18:50:35+00:00 2012年 10月 17日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事
楽しくもあり成長でもある親としての日々〜大変なことが自分を成長させる
自分と対極の人を選ぶ「ビリオネアの仕事相手の選び方」『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、…
夢を確実に叶える2つの秘訣〜人生を変える本も紹介します!
プロスペクト理論から分かった「ビリオネアのリスクの選び方」『10億ドルを自力で稼いだ人は何を…
ビリオネアの行動の秘訣は「デザイン」にあった『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動…

人気の記事ランキング