You are here:-奴隷からの解放【ひとりネット起業成功法10】

☆いつもありがとうございます!応援クリックして頂けるとうれしいです☆

 ⇒ 【人気ブログランキングを見る】

1日24時間のうち、あなたの自由な時間は何時間ありますか?
例えば、睡眠時間を8時間とすると残りは16時間です。
会社で拘束されている時間が8時間あるとして、
通勤時間が行き帰りで2時間だとすると、残り6時間です。
上司や友人の関係で断れない食事に付き合って3時間を使えば、
残りは3時間。
お風呂に入ったり、少しゆっくりしていたら
残りの時間はほとんどなくなります。
このようにほとんど自由な時間が取れなかったり、
まとまった時間が取れたとしても休日しかないような人生であれば、
自由に自分らしく生きるのは難しいでしょう。
拘束される時間をなくしていかない限り、
自由に自分らしく生きることは無理なのです。
人は知らず知らずに「常識」という枠に縛られてしまってます。
その結果、本来の「自由」という意味を忘れてしまっているのかもしれません。
もし、拘束されている時間以外の時間が自由だ、
と思っているとすれば悲しい話です。
すべてのスケジュールを、自分がやりたいように組むことができる人生こそ
自由です。
あなたも「自由に自分らしく生きたい!」
と思っているとしましょう。
しかし、まだそれを手に入れるための行動に移ってない人は、
常識に縛られている可能性があります。
常識に縛られているとは、例えば、
「就職しないといけない」
「会社勤めしないといけない」
「社会人はスーツを着ないといけない」
「朝は定時に出勤しないといけない」
などと思い込んでいるということです。
自由になりたかった私は、上記のことが嫌でしたし、疑問に思ってました。
就職活動も意味が分からなく、バカげてると思い途中でやめました。
常識に縛られないようにするには、
自分自身に次の質問をするといいです。
「なぜ、学校を卒業すると就職しないといけないのか?」
「なぜ、会社に勤めないといけないのか?」
「なぜ、スーツを着ないといけないのか?」
「なぜ、定時に出勤しないといけないのか?」
自分なりに答えを出してみてください。
ちなみに、
「誰かが、そうやって言ったから」
というのは最悪な答えです。
それは、うまくいかないのを人のせいにする価値観です。
成功するには責任が伴いますから、注意した方がいいです。
自由に自分らしく生きるには、
常識にとらわれない思考や価値観が大事です。
また、視野を広げれば、日本で常識でも、
世界で非常識なことはたくさんあります。
私自身も勉強中ですが、知れば知るほど気付かされます。
なお、会社に雇われずにフリーで生きている人は
世界的にも増加傾向にあります。
日本も確実にそうなります。
ぜひ、この機会に「常識」を疑って
考え方や価値観を柔軟にされることをおすすめします。
そうすれば、必ず自由に自分らしい人生を手に入れることができます。
最後までお読み頂きありがとうございます!
☆本日の記事が役に立ったらクリックして頂けるとうれしいです☆

 ⇒ 【人気ブログランキングを見る】

 

By | 2012-04-30T22:10:17+00:00 2012年 4月 30日|Categories: ひとりネット起業成功法|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
行動力が素晴らしい〜♪少人数制塾MIB・LCMSの宮崎2回目を開催しました!
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!

人気の記事