You are here:-なぜ真の成功者は運動を続けているのか?

【なぜ真の成功者は運動を続けているのか?】

 
「運動は身体に良い」ということを、
多くの人は知っています。
 
実際に、運動している人は活き活きとしています。
また、運動してない人よりも明らかに健康体です。

 
真の成功者は、健康面も気をつけています。
だから例外なく、運動することを習慣化しています。

 
 
僕は24歳から真の成功を目指しました。
 
しかし、当時は若さゆえ、自分の体力を過信してたことから
運動の習慣化はしてませんでした。
 
そんな中、ビジネスはうまくいかずにどん底を味わい
そのあと猛烈に働きまくったのです。
 
そして、35歳のときに激しく身体を壊してしまった
という失敗があります。

 

人生で初めて死を意識しました、、

 
そのとき、すでに子供が2人いました。
まだまだ成功も手にしてない、道半ばです。
 
こんなところでくたばってしまったら、
後悔ばかりが残る人生です。
 
「まだ死にたくない、、」
と本気で思いました。
 
 
幸い死にはしませんでしたが、
人生で初めて死を意識した35歳だったのです。

 
そこからようやく運動の必要性を感じ、今に至ります。
 

最初は近所の公園で軽い運動を始めました!

 
最初は近所の公園に行って、階段を登ったり軽い筋トレなど
軽い運動から始めました。
 
そして、自分でもビックリだったのですが
高校卒業してやめていたサッカーを20年ぶりに再開したのです。
 
そのサッカーを再開するために、
日課のランニングを始めたのが今から6年半前になります。
 
 
ランニングを始めてからは、
驚くほど身体の調子が良くなりました。

 

驚きの20歳!

風邪を引くことがなくなったり、偏頭痛がなくなったり
以前に増してプラス思考になったり
アイデアがよく浮かぶようになったりしました。

 
 
そして、基礎体力が大幅にアップしました。
 
20年ブランクがあったサッカーが
出来るようになったことから感じましたし、
国内や海外を飛び回るようになっても
なお元気な自分からも実感することができました。
 
 
また、体力の数値としては、
昨年44歳時に「肉体年齢測定フルコース」
というものをしてみたら驚きの20歳の判定が出ました!

 
一時期は、2階に上がる階段さえも
上がるのがキツイほど体力なかったのです。
 
自分の年齢プラス20歳ほど衰えていたかもしれません。
しかし、今は逆に20歳以上若い身体になっているというわけです。

 

お金よりも大事なもの

健康よりも、常にお金の方を優先してしまう人が多いようです。
 
お金は失っても稼げばなんとかなります。
しかし、健康は失ったら手遅れとなる場合があります。

 
7つの習慣の第7の習慣「刃を研ぐ」でも
コヴィー博士が強く訴えかけてます。
 
 
最低、週に3〜4日、わずか30分です。
 
その時間を運動に使うだけで、
自分が変わり、運命が変わります!

 
 
〜すべては、自分を変えることから始まる。〜

 

By | 2015-11-08T19:32:46+00:00 2015年 11月 8日|Categories: マイクロプレナー成功法, 健康&趣味, 運命が変わる習慣|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】

人気の記事