You are here:-トゥール・スレン虐殺博物館(S21)に行ってきました【動画あり】

【トゥール・スレン虐殺博物館(S21)に行ってきました(動画あり)】
 
カンボジアの歴史について調べていると必ず出てくるのが
昨日訪れたキリング・フィールドとこのトゥール・スレン虐殺博物館です。

 
キリング・フィールドを訪れただけでも
心が痛くきつく締め付けられる思いでしたが、
カンボジアを知るためにも覚悟を決めて行きました。
 
 
トゥール・スレン虐殺博物館は、プノンペンの街の中の一角にありました。 
当時は政治犯収容所の暗号名である「S21」と呼ばれていました。

 
かつては学校の校舎だったこの建物に
クメール・ルージュが罪のない一般人を収容し、
尋問や拷問したり虐殺したりと想像し難いことをしていたのです。

 
4つの校舎がありました。
 
当時のまま残されている教室など非常に生々しいので
生々しい内部の写真はアップを控えます、、
 
今からわずか35〜40年前のことです。
一歩踏み入れることが、これほど恐ろしいと思ったことがありません。
 
 
2年9ヶ月の間に2万人ほどの人が収容され、
生還できたのが8人だけと言われています。

 
原始共産主義社会を目指すポル・ポトは、
自分の政治体制を反対するインテリ階級を恐れ
医者や教師や技術者などの知識人を次々と収容所に送り虐殺。
 
メガネをかけていたり、文字を読めたりするだけでも
同様に収容所に送られ虐殺されたのです。
 
カンボジアの平均年齢が極端に若いのは、
こうした過去があるからです。

 
 
残虐な出来事ですが、
同じ地球上の人間たちがしたことなんですよね。
 
自分の命を守るために、という人も数多くいたでしょう。 
 
 
実はプノンペンに着くまで、キリング・フィールドにも
トゥール・スレン虐殺博物館(S21)にも行くことを考えてませんでした。
 
旅とは不思議なものです。
 
このタイミングで行けて良かったです。
平和や幸せについて深く考えるきっかけになりました。

 
カンボジアに感謝します。 
 
 
〜すべては、自分を変えることから始まる。〜

【プノンペン「キリング・フィールド」からの帰り道 突然の人の群れ(せき塾アジアツアーの前入り 201509@プノンペン) 】の動画をアップしました!

 
image16

IMG_2676

IMG_2612

IMG_2639

IMG_2653

IMG_2616

IMG_2623

IMG_2626

IMG_2629

IMG_2649

IMG_2651

IMG_2669

 

By | 2015-09-24T15:03:24+00:00 2015年 9月 24日|Categories: 【動画】アジアひとり旅, プノンペン(カンボジア)|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】
個別相談「BSM’s」を東京で開催しました!
浜離宮恩賜庭園に初めて行ってきました!
六本木ヒルズ けやき坂のイルミネーションが始まってました!2017冬

人気の記事