【組織に属するメリットとデメリット】

社会には様々な組織というものがあります。
 
人はひとりで生きていけないので、
人は組織に頼るわけです。
 
また、組織はより大きい方が力があったりしますし、
安定感を感じたりするものだと思います。
 
そこに人は魅力を感じ、
「その組織に属したい」
と思うものですよね。
 
 
いい例は、会社組織です。
 
今だに大企業が人気で訴求力があるのは、
意識はしてなくても
組織に魅力を感じる人が多いからでしょう。
 
それはそれで否定はしません。
 
ただ僕は組織に魅力を感じない方でした。
むしろ、組織に入りたくなかったです。
 
 
それがなぜかというと
組織に入ることで、
時間やお金等に関する自分の人生が束縛されたり、
面倒なしがらみが発生し、
人間関係に多大なストレスが発生したりするからです。
 
実際にサラリーマンの人たちから
話を聞けば聞くほど大変そうです。
 
組織のせいで、
「自由に生きれない人が多いのではないか?」
「精神的な病が増えているのではないか?」
と感じるほどです。
 
 
僕はそうなることが予測できたので、
それを回避するためにひとりで起業しました。
 
そしてマイクロプレナーという生き方に
辿り着いたわけです。
 
 
ただ、マイクロプレナーは
組織に属さなくていいぶん、
ひとりで様々なことをやらなければなりません。
 
まだ力もスキルもお金もない
最初の時期ほどそうです。
 
ただ、それを乗り越えると
大きなメリットが5つ出てきます。
 
 
それは、
 
1.すべてのスケジュールが自由
2.どこにいてもビジネスができ稼ぐことができる
3.自分で億以上を稼ぐ力がつく
4.自分が好きな得意とする仕事ができる
5.面倒なしがらみがない
 
です。
 
 
つまり、僕が提唱する
自由になるための5つの要素の
「時間・場所・お金・仕事・人間関係」
から見事に解放されるわけです。
 
 
また、僕がマイクロプレナーをおすすめするのは、
実は「依存心」についても関係しています。
 
多くの人は、組織に慣れっこになっていまい
依存心が強くなってます。
 
もちろん組織だけではありません。
環境が強く影響します。
 
この依存心は
起業家にとっては天敵なのです。
 
 
特に、マインドや主体性が出来てない場合ですが、
依存心が強いとそのときはうまく行ったとしても
その後が駄目になってしまうんです。
 
逆に、自分が依存心がなくても
誰かと組んで仕事をするときに
相手が依存心が強いとトラブルになります。
 
その場合は「組む相手が悪かった」
ということになりますが、
まずは自分です。
 
 
そのため、依存心があると思われている人は、
「依存せずに自分の力で結果を出す」
ということに専念されることをおすすめします。
 
最初は大変かもしれませんが、
後々必ず自由に生きる糧になります。

【禁断のノウハウ】一挙公開!!
年収1000万円 ひとりビジネス成功法




  


コメントを書く

By | 2014-07-22T16:26:56+00:00 2014年 7月 22日|Categories: マイクロプレナー成功法|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

東京に来ました!デュアルライフのメリットとデメリットについて

Manfrottoのミニ三脚(PIXI)をタブレット(iPad mini)撮影用に買いました!スマホやカメラにも…

僕がコミュニティを立ち上げた理由

東京 個別面談募集します!5/22〜25

NO IMAGE

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/05/14 – 2018/05/20】

名もない個人にも成功できるチャンスが「個の時代」です


人気の記事ランキング