You are here:-興味深い2つの調査結果から分かる日本の現状【MP成功法36】

【興味深い2つの調査結果から分かる日本の現状】

06050
 
 今日、たまたま記事で見かけた2つの調査結果が、
 とても興味深かったので紹介したいと思います。
 
 
 まず1つ目は、
 「就職活動に対する保護者の意識」
 についてマイナビが調査した結果です。
 
 公務員や専門職の保護者で、
 「同じ職業を目指してほしい」
 という回答が6割だったそうです。
 
 逆に、保護者の職業が「自営業/SOHO」「会社員/団体職員」の場合は
 違う職業について欲しい割合が高かったそうです。
 
 
 そして、自分の子供の就職先として望ましいのは
 高い順から、
 「公務員 > 有名企業 > 大企業 > 中小企業 > ベンチャー企業」
 という結果でした。
 
 
 そしてもう1つの興味深い調査結果は、
 政府が発表した
 「世界7カ国の若者の意識調査」
 というものです。
 
 対象国は、日本、韓国、米国、英国、
 ドイツ、フランス、スウェーデンの計7カ国です。
 
 
 「自分の将来に明るい希望を持っているか」
 の質問に、
 「希望がある」「どちらかと言えば希望がある」
 と答えた人が日本は61.6%で7カ国中最下位でした。
 
 ちなみに、他の6カ国は82.4~91.1%なので、
 圧倒的に低い数値です。
 
 
 また、「40歳になったときに幸せになっている」
 と答えた人はこちらも日本が66.2%で最下位。
 
 他の6カ国は81.6~87.4%なので、
 こちらも圧倒的に低い数値です。
 
 それと、「自分自身に満足している」「自分には長所がある」
 と答えた割合も、日本は7カ国中最下位。
 
 
 そして、日本が1位だったのは、
 「自国のために役立つことをしたい」
 でした。
 
 しかし、
 「自分の参加で社会現象が少し変えられるかもしれない」
 答えたのは30.2%で最下位でした。
 
 
 
 以上のような調査結果でした。
 
 
 
 これらを見てると、
 大人も若者も含め今の日本人の大半は、
 保守的で安定的な人生を望んでいる様子がうかがえます。
 
 「あえてリスクをおかさずに、
 そこそこの人生で満足しよう」
 という考えです。
 
 また、子供は親や大人に強く影響されて育ちますから、
 このままだとこの流れはさらに加速しそうです。
 
 
 人生をどう考え、どう生きようが
 それはその人の自由です。
 
 だから、この考えが悪いとか言うつもりはありません。
 
 
 ただ僕自身は、
 「人生を楽しく幸せなものにしていきたい」
 という思いがあります。
 
 「あーあの頃は幸せだったよねー」
 ではなく、いつもいつも楽しく幸せでいたいのです。
 
 
 それは自分だけではなく、
 自分の家族みんなそうでありたいし、
 僕の周りの人も含めてそうありたいのです。
 
 そのために、自分をさらに向上させたり、
 チャレンジしたりしている次第です。
 
 
 今回は調査結果を取り上げましたが、
 実は調査結果なんてまったく関係なくて
 すべては自分次第ということに気付けばいいわけです。
 
 「そこそこの人生でいいや」
 と思う人はそうなるし、
 「楽しい人生にしたい」
 と思う人はそうなりますね。

 

この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ランニングは、子供たちと公園に行くと一石二鳥!
革命的!ゾゾタウンが採寸のための「ZOZOSUIT」無料配布を開始しました
宮崎MIB開催しました!
宮崎も寒いです〜子供たちの未来のために頑張ろう!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/11/13 – 2017/11/19】

人気の記事