【紙とペンがあれば自由になれます】

1782143_742991215740313_514635549_n (1)
 
 自由に生きるためには、
 欠かさず「考える」ことが大切だ、
 と僕は思っています。
 
 日頃から考えてないと、
 脳がどんどん働かなくなります。
 
 回転も遅くなります。
 
 とにかく何でも考えることです。
 
 今悩んでいること、不安に思っていること、
 将来やりたいこと、手に入れたいこと、
 などなど、考えることはたくさんあります。
 
 
 考えるときに必ず僕がやってることは、
 「書き出す」ことです。
 
 片っ端から紙に書き出すのです。
 思いつくまま、どんどん書き出します。
 
 計画を立てる時やブレインダンプの時など
 長く時間をかけて考える時は、
 事前にスケジュールを決めてやります。
 
 ただ、気になることが出てきたときは、
 すぐに書き出します。
 
 これはおすすめです。
 
 頭に浮かんだことを書き出すだけなので、
 数分程度です。
 
 支障はまったくありません。
 
 むしろ、頭がスッキリするので
 おすすめです。
 
 
 書く場所は、ノートやメモ帳、コピー用紙など
 どこでもいいです。
 
 僕は10年ほど前に、書き殴りノートというのを作って
 それに書いてました。
 
 ただ、2〜3年ぐらい前から
 ノートを開くのが面倒になったのか、
 A4の紙の裏に書くようになりました。
 
 結局、ノートに書いてても
 読み返すことはほぼありません。
 
 コストや整理を考えれば、
 コピー用紙A4がおすすめです。
 
 ちなみに私が使ってるA4は、
 コピーや印刷失敗などで要らなくなった紙で、
 その裏を使ってます。
 
 その紙をバインダーに挟んで、
 すぐに書けるようにペンと一緒に机の上に置いてます。
 
 
 考えるときは、絶対に書くことです。
 
 その理由は、前述しましたが
 まず頭の中がスッキリします。
 
 そして書くことで、
 考えていることが紙の上に言葉で現れます。
 
 視覚することによって、
 より現状をつかむことができます。
 
 それによって、優先順位が分かり、
 整理することができます。
 
 いいことづくめです。
 
 
 と、ここまで書いても、
 紙に書かないで頭で考えようとする人もいると思います。
 
 なので最後に、
 紙に書いた方がきちんと考えられる理由をお伝えします。
 
 
 日頃意識してないことだと思いますが、
 僕たちは言葉を使うから考えることができるのです。
 
 「言葉を使わずに考えろ」
 と言われても不可能なのです。
 
 言葉は、考えるためのツールです。
 
 つまり、紙に書くということは、
 言葉を書くわけですから、
 きちんと考えられるようになるのです。
 
 
 そうすると不思議なもので、
 漠然としてた悩みや不安の解決策が出てきたり、
 分からないと思っていたものが分かったり
 するのです。
 
 実際に僕は何度も何度も紙とペンに助けられてきたので、
 今もなお書き出しているのです。
 
 
 というわけで、
 考えるときは紙に書き出すことをおすすめします!

★関から「人生を変える最新情報やノウハウ」をもらおう!
↓から無料メルマガに登録!
12年以上読まれ続けている関達也の無料メルマガ

【48セット限定】ビッグセール!!
「年収1000万円 ひとりビジネスの教科書」




  


コメントを書く

By |2014-02-26T23:34:56+00:002014年 2月 26日|Categories: 成功体質500話|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

お急ぎください〜ビッグセール本日まで!『年収1000万円 ひとりビジネスの教科書』

ライフチェンジ・コンサルティングを始めます!

体力アップしてますか?年齢のせいにしては駄目ですよ

【無料で先着5名ご招待!】ライフチェンジラボ宮崎定例会イベント(7月20日)に参加してみません…

人生が変わらない原因は「今の思考」と「プライド」だ

青島に家族で行ってきました!かき氷が安くて大盛りすぎる!@宮崎


人気の記事ランキング