昨日は嫁の誕生日でしたが、
 家族の誕生日や結婚記念日が来るたびに、
 私も嫁も歳を重ねてきたなーと感じます。
 
 結婚して14年になりますが、
 人生まだまだ長いです。
 
 まだまだ人生の過程であり、
 成長の過程です。
 
 これからどんな人生になっていくんだろう、
 と考えるとワクワクするわけです。
 
 
 僕は、嫁と出会った時も同じでした。
 ずっと、夢や将来のことを語ってきました。
 
 だから、嫁にとって
 僕はそんな男(ドリーマー)だと思われています。
 
 
 これはとても都合がいいです。
 
 例えば、いきなり相手が夢を語りだしたら、
 「あんな、頭おかしくなったの?」
 と言われるでしょう(笑)
 
 僕はそれを説明する面倒な作業がいらないので、
 とても楽です。
 
 
 でも、僕は嫁と出会ったときから夢を語っていたものの、
 最初はまったく夢なんて叶いませんでした。
 
 29歳から35歳までに味わった3度のどん底は、
 嫁も味わってきました。
 
 でも嫁は、その間も私を信じてついてきてくれたわけです。
 
 
 それから、夢が次々と実現していったのですが、
 僕は嫁がいなかったら無理だったと思ってます。
 
 というか、確実に無理でした。
 僕は弱い男なんです。
 
 嫁は、僕のことを「絶対に何かを成し遂げる男」
 と信じてたようです。
 
 だから、僕は期待に応えようとしました。
 しかも、子供たちもいるから後に引けない状況です。
 
 
 こういうことがあったから、
 人生の大逆転ができました。
 
 もちろん、24歳から自分を変えるためにやってきた
 成功マインドのトレーニングの成果もあります。
 
 それに環境が加わったから、うまく行きだしたのです。
 
 
 実は、僕だけではありません。
 人間は誰でも弱いです。
 
 ちなみに、「成功者はみんな凄い人たちだ」
 と思っている人が多いでしょう。
 
 しかし、成功者も、
 孤独だったり繊細だったり臆病だったりとメンタルは弱いんです。
 
 でも、その弱さをカバーする「強さ」を
 兼ね揃えているのが成功者なのです。
 
 もちろん、最初から強さがあったわけではありません。
 
 
 ではなぜ、強さを持つことができたか分かりますか?
 
 
 それは、自分の弱さを知って、
 それを受け入れたからなんです。
 
 強がるんじゃなく、「自分は弱い」と認める。
 そこから強さが形成されていきます。
 
 
 僕は、嫁や子供たちがいるから強くなれました。
 本当に嫁には感謝しています。
 
 あなたにも奥さんまたは旦那さん、
 彼女や彼氏などがいるかと思います。
 
 ぜひ、感謝し合い、支え合い、
 幸せに過ごされてください。
 
 
 ★ 私のメルマガを読んで思考や行動や人生観が変わり、
   ポジティブになったり、収入が増えたり、健康になったり、
   家族や恋人との時間が増えたりする読者さんが増えております。
  
   あなたのお役にも立てると思いますので、
   ↓からご購読いただけると大変うれしいです!
  
   時間・場所・お金・仕事・人間関係 が自由自在!
   自分らしい自由な生き方ができるマイクロプレナー®
   関達也メルマガ登録はコチラ
   ※おかげさまで読者数9万8千人を突破しました!
 
 

★関から「人生を変える最新情報やノウハウ」をもらおう!
↓から無料メルマガに登録!
12年以上読まれ続けている関達也の無料メルマガ

【48セット限定】ビッグセール!!
「年収1000万円 ひとりビジネスの教科書」




  


コメントを書く

By |2014-01-23T12:24:24+00:002014年 1月 23日|Categories: 成功体質500話|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家) 「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」 宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。 →さらに詳しいプロフィールはこちら

最新記事

【無料で先着5名ご招待!】ライフチェンジラボ宮崎定例会イベント(7月20日)に参加してみません…

人生が変わらない原因は「今の思考」と「プライド」だ

青島に家族で行ってきました!かき氷が安くて大盛りすぎる!@宮崎

関達也の週間つぶやきまとめ【2018/07/09 – 2018/07/15】

宮崎で久しぶりにランニング!

東京→宮崎へ!今月2回目の東京⇔宮崎往復


人気の記事ランキング