You are here:-電子書籍元年と言われましたが、、

電子書籍元年と言われましたが、、

「電子書籍元年」と言われた2010年でしたが、
消費者的には騒がれたほどのことはなかった感じがします。

出版社の倒産が話題になってますが、
電子書籍の影響だからというよりは
本離れが加速したことによるものが大きいと思います。

電子書籍の波は必ず起こるでしょう。
 
 
しかし、日本の市場を見ていると、
まだ端末を持っている人も少なく、
また、供給がまだまだなので、
盛り上がるのはもう少し先のような感じです。

ちなみに、私はキンドルは持ちませんが、
電子書籍に興味があったので、
iPadを予約して発売と同時に手に入れました。

そして、定番の裁断機(PK-513L)と
スキャン(ScanSnap S1500)を揃えて
自炊して、数十冊の本を入れています。
 
 
ただ、まだまだ電子書籍よりも
本の方がどうしても馴染みがあり、
ついつい本に手が伸びます。

そうした消費者側の慣れということも考えて、
少し時間がかかるのではないか?とも思います。

ただ、電子書籍はいつでもどこでもじゃまにならず、
すぐに読めることは本当に便利です。

 

By | 2017-09-16T17:50:33+00:00 2010年 12月 30日|Categories: ガジェット・文具|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/12/11 – 2017/12/17】
ビットコインが本当にタダでもらえるキャンペーン情報
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所「コインチェック」で3万Satoshi(ビットコイン)がもらえるキャンペーン!初心者向けの登録・口座開設方法と二段階認証の登録方法の解説をします!
混沌とした世の中の今だからこそ読みたい1冊『7つの習慣』

人気の記事