You are here:-渡辺謙から学びました

渡辺謙から学びました

WOWOWに「ノンフィクションW」という番組があります。

人物やカルチャーに焦点を当てた番組で、
日本だけの話ではなく、世界中の話も取り上げられます。

番組のキャッチコピーは、「大人の知的好奇心を刺激する」というもので、
確かに刺激される(笑)面白い番組で欠かさず見ています。
 
 
テレビは再生時間に対しての情報量が少ないので、
私は録画でしか見ません。

ちなみに、再生する時は、1.5~2倍速で見ています。
昨日は、渡辺謙と遠藤憲一の対談を見ました。

ちょうど先日、映画「沈まぬ太陽」を観たのでタイムリーでした。

 
番組の中で、渡辺謙から
矜持(きょうじ)」という言葉が出てきました。

私には、聞きなれない言葉です。

矜持とは、
「自分の能力を優れたものとして誇る気持ち。自負。プライド。」
という意味でした。

「沈まぬ太陽」の原作者、
山崎豊子も作家としての矜持を持って本を書き、
渡辺謙も俳優としての矜持を持って演じたと語ってました。
 
 
今や、世界の俳優となった渡辺謙は、
「日本人としての矜持」と深いことも語ってました。

「矜持」と同じような言葉として、「自尊心」があります。
矜持と自尊心では少し意味が違います。

自尊心とは、自分自身という存在に誇りを持つ心のことです。
矜持とは、ある立場にある者としての誇りを持つ気持ちということです。

自尊心については「7つの習慣」の本でも出てきますが、
とても大事だと思っています。
 
 
また、自尊心を傷つけられたら、存在を否定されたようなものです。
なので、他人の自尊心は傷つけてはいけません。

私は親なので、特に子供の自尊心は気を付けています。

この矜持も同じように大事だと思いました。

これは、自分自身に対してです。
自分に対して厳しく律するという意味にもなるからです。

特に社会に出たり、成功を目指したりするためには、
自分の立場を意識した考えや行動をすることは大切です。

親として、経営者として、販売者として、、、
(立場はいろいろありますね)
矜持を持った人になろうと決意した次第です。

 

By | 2017-09-01T18:55:09+00:00 2010年 12月 20日|Categories: 成功体質になる方法, メルマガから|Tags: , , , |0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
カレッタ汐留の美しいイルミネーション(動画あり)を観てきました!手が凍りそう…
仮想通貨取引所「BINANCE」が仮想通貨の取引高世界一に!BINANCEの特長と口座開設の方法を解説します!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/12/11 – 2017/12/17】
ビットコインが本当にタダでもらえるキャンペーン情報
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS

人気の記事