You are here:-ロイスクルーガーの感情コントロール術

20時頃、宮崎に帰ってきました。

さっきまで東京にいたことが信じられません(笑) 

さて、昨日は六本木で行われた、ロイスクルーガー、池本克之さん、小川忠洋さん
のセミナーに参加しました。

会場の熱気を感じて、改めて凄いゲストだと感じました。

プラチナ席の一番前で参加できて本当にラッキーでした。

セミナー中、私は気付いたことや感じたことをiPod Touchを使って
簡単にメモをしてました。

メモした数は36個。

多いか少ないかは分かりませんが、
これだけでも、一ヶ月以上の日刊メルマガが書けることになります。

もちろん、セミナーのことばかりは書きませんのでご安心下さい(笑)

今日は、ロイスクルーガーの講義を聞いてためになったことを
一つお話したいと思います。

ロイスクルーガーは、世界的に有名なコンサルタントで、
世界的ベストセラー「7つの習慣」を世界76カ国に広げたことで知られます。

あのジェームススキナーの師匠でもあります。

ランチをご一緒させて頂きましたが、
周りの人を包み込むような温かさを感じる方でした。

ロイスの著書「8つの鍵」は、
成功を目指す方はぜひ読まれるといいと思います。

ロイスは、セミナーでコミュニケーション術について話しました。

その中で、一番学びが大きかったのは、
感情のコントロールの話でした。

相手とうまくコミュニケーションを取るには、
自分自身の感情のコントロールが大切だということです。

それがうまく行かず、コミュニケーションがうまく取れないという人は
意外と多いのではないでしょうか。

まず、物事を流れを簡単に書くと、

事実

仮説

感情

行動

という手順を踏みます。

例えば、

会った相手が機嫌が悪い。(事実)

私が何か悪いことをして嫌われたのではないか?(仮説)

あ~私は嫌われた。もう、あの人と話すのは嫌だ。(感情)

つまらない話ばかりになり、話が盛り上がらず終了。(行動)

という感じです。

ロイスが言っていたのは、
「自分の感情が良くなるように仮説を立てれば、
いい行動ができ、結果、コミュニケーションがうまくなる」
ということでした。

例えば、上の例だと、
『私のことは大好きなんだけど、
たまたま何か機嫌の悪いことがあったかもしれない』
と仮説を立てれば、相手と気持ち良く接することができ、
いいコミュニケーションが出来るようになります。

そして、ロイスはこうも言いました。

『仮説を都合のいいように(嘘のように)作ったとしても、
仮説は仮説でしかなく、100%正解の仮説はない!
どうせそうならば、自分の感情が良くなるように仮説を立てればいい。』

さすがです(笑)

ただ、多くの人は、ネガティブな仮説ばかり立ててしまうと思います。

「事実→仮説→感情→行動」までの一連の流れは一瞬です。

そのため、いくつも仮説を立て、
その中から自分の感情が良くなる仮説のみを選択する、
というトレーニングを日頃からやっておくといいですね。

 

この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ビットコインが本当にタダでもらえるキャンペーン情報
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所「コインチェック」で3万Satoshi(ビットコイン)がもらえるキャンペーン!初心者向けの登録・口座開設方法と二段階認証の登録方法の解説をします!
混沌とした世の中の今だからこそ読みたい1冊『7つの習慣』
自由が丘のカフェでアイデアを書き出す…

人気の記事