You are here:-長時間働くことを美化する危険

多くの人は、何年も何十年も、多くの時間を労働に費やしているうちに
『長く働くことがいいことだ』
『長時間働かないのに儲けるのは後ろめたい』
など、長時間働くことを無意識に美化するようになっています。
そして、
「たくさん稼ぐには、たくさんの時間働かなければならない」
と信じています。
成功したいのであれば、この考えは早く捨ててしまった方がいいです。
なぜならその考え方は、時間の切り売りでしかなく、
最も非効率的な稼ぎ方だからです。
成功している人を観察すれば分かりやすいのですが、
彼らは毎日会社に缶詰めになって働いてはいません。
それは、仕事をしてない時でも稼ぐことができる仕組みを整えているからです。
私の場合は、2006年に売れる戦略を注入したホームページを作って、
24時間休みなく働くことができる営業マンにすることに成功しました。
そのホームページから、田舎の一畳半からたった一人で
億単位の売り上げを上げてきました。
よりサービスを充実させるために、今年からスタッフを入れて
組織作りをスタートしました。
一人の時よりも、いつでも自由になれる環境になってきました。
サッカーやギターなど趣味に費やせる時間もたくさんできました。
招待を受けた時には、いつでも東京にも飛んでいけたり、
家族旅行や親と観光旅行もできたりする時間もできました。
もちろん、そうなるためには時間を費やします。
でも時間を費やす際に大切なのは、将来のビジョンです。
ビジョンを間違えば、全く異なる人生になってしまうからです。
一方は、一生、働き詰めの人生で、
もう一方は、一生、自由な時間を謳歌できる人生です。
後者になるためには、効率よく稼げる仕組み、より砕いて言うなら、
働かなくても稼げる仕組みを描きながらビジネスをされるといいと思います。

 

By | 2010-11-13T21:51:37+00:00 2010年 11月 13日|Categories: メルマガから|0 Comments
この記事の著者 : 関達也

S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役
マイクロプレナー®(ひとり起業家)

「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」

宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信からひきこもりになるが、一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。

→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
働き方や生き方、お金の概念の変化の波に乗ろう。「お金2.0」セミナーに参加してきました!@六本木アカデミーヒルズ NEWSPICKS
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所「コインチェック」で3万Satoshi(ビットコイン)がもらえるキャンペーン!初心者向けの登録・口座開設方法と二段階認証の登録方法の解説をします!
混沌とした世の中の今だからこそ読みたい1冊『7つの習慣』
自由が丘のカフェでアイデアを書き出す…
毎月新しい行動をしよう!変化しまくった塾生さん

人気の記事