You are here:-宇多田ヒカルの凄い試み

宇多田ヒカルがプロモーションビデオのフルコーラスを
YouTubeに一挙公開しました。
20曲以上もアップされているようなので、凄い試みですね。
先日、ベストアルバム「Utada the best」について
『自分の意志とは全く無関係であり、EMIの宇多田ヒカルのベストと同日に
発売をぶつけてきた彼らのやり方にもあまりいい印象を持てません。
予約を考えている人は、少し待ってください』とツイートしたことが
話題になりました。
音楽もビジネスなので、企業とアーティストとの関係も難しいでしょう。
ただ、ファンはアーティストの本音も聞きたいし、
アーティストに自由にやって欲しいと思っていると思います。
ツイッターやYouTubeを駆使して、自分の想いやサービス精神を出す
宇多田ヒカルは本物のアーティストだと思います。

 

By | 2010-11-09T21:56:37+00:00 2010年 11月 9日|Categories: 今日のできごと|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信でひきこもりになり、誰も会わずに稼ぐと決意。一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
ライフチェンジラボ定例会・トークイベント、MIB塾✕2回を宮崎で開催しました!
夢実現の一歩として、熊本に行ってきました!
ドタ参OK!9月20日宮崎トークライブ!「個人起業の新しいロールモデル」を思いつきました
世界唯一の開発者のファッションコーディネートをしました!
NO IMAGE関達也の週間つぶやきまとめ【2017/09/11 – 2017/09/17】

人気の記事