You are here:-GoogleがFacebookに圧力

Googleが、Facebookなどの企業が自動的にGmailの連絡先データを
取り込めないようにしました。
FacebookなどのSNSのユーザーは、ソーシャルネットワーク上へ
Gmailなどに登録してある連絡先を簡単に追加できます。
Facebookはご存知のように、Googleよりも濃い個人情報を保護しています。
そして、プライバシーを保護するため、Facebookは連絡先データを
エクスポートできないようにしています。
しかし、Facebookは米Microsoftと米Yahoo!とは個別に契約を結び、
Facebookの連絡先データをインポートすることを許可しているのです。
今回、これを受けて、GoogleはAPI利用規約を変更し、Facebookなどが
自動的にGmailの連絡先データを取り込めないようにしたのです。
もちろん、相手側の連絡先データがエクスポートできれば許可されます。
つまり、GoogleはFacebookと連絡先データの交換がしたいのです。
Googleの考えはもちろんよく理解できますが、
ユーザーが振り回されている格好になっているということですね。

 

By | 2010-11-08T21:07:37+00:00 2010年 11月 8日|Categories: facebook|0 Comments
この記事の著者 : 関達也
S・マーケティングジャパン株式会社 代表取締役 マイクロプレナー®(ひとり起業家)「ひとり起業プロデューサー/ライフチェンジクリエイター™/セルフメディア戦略コンサルタント」宮崎×東京デュアルライフの3子のパパ。起業歴23年。自由になるため起業後、3度のどん底を経験。人間不信でひきこもりになり、誰も会わずに稼ぐと決意。一畳半から1億稼ぎ這い上がり、個人の新しい働き方を提供中。→さらに詳しいプロフィールはこちら

コメントを書く

最新記事
熊本に来ました!今日からLCL熊本・高千穂合宿をします!
ライフチェンジラボ定例会・トークイベント、MIB塾✕2回を宮崎で開催しました!
夢実現の一歩として、熊本に行ってきました!
ドタ参OK!9月20日宮崎トークライブ!「個人起業の新しいロールモデル」を思いつきました
世界唯一の開発者のファッションコーディネートをしました!

人気の記事